着付けと茶道 日本の文化|兵庫県川西市|着付け教室・出張着付け・着物相談 みつこ着付け教室

着物と茶道 日本の文化ブログ

2022年の幕開け

 

2022年の元旦も、有馬で迎えることが出来ました。

昨年、11月に父が他界し、喪中ではありましたが、昨年のお正月の帰宅時に予約をして帰っている事もあり、
私達にとっては、おめでた気分というより、静養の気持ちで、ゆっくりとした、いつものお正月を迎えてきました。

大晦日、元日と寒波だという事で、少し、心配しましたが、夜中、僅かに雪が道にありましたが、ホテルを出発する
昼前には、既に溶けていて、問題無く、帰宅も出来ました。

我が家には愛猫アミがいる関係で、連泊が出来ないのですが、元旦だけでも、温泉に浸かりながら慣れたホテルで
20時間位を過ごすことが、楽しみになっています。

昨年は、いつも予約している和洋室の畳が傷んでいたので、お部屋を変えて貰いましたが、今年は、何と、まっさらな
い草の香りのする畳に替えて下さっていました。
お正月前に、新調して下さったそうです。

コロナの関係で、お正月イベントが無くなって2年目で、少し寂しさも感じながらの訪問でしたが、こうして、畳を
新調して迎えて下さった事に、有難く、寂しさも軽減され、気持ちよく過ごすことが出来ました。
常連さんを、大切にして下さる気持ちが、とても嬉しくも思いました。

DSC_3018ふぐが出た夕食は、私にしたら、珍しく完食出来た関係からか、
朝食はさすがに食べれなく、沢山残してしまい、少な目メニューが
あればいいのにな・・・と思いながら、席を立ちました。

結婚して、44年の間には、お正月の迎え方もその時々で変わってきましたが、50代からは、二人で温泉で過ごす形が定着して
きました。

 

 

DSC_3019二人共が元気な間は、この形が維持できそうなので、お正月を元気で迎えられる事を
目標に、そして出来るだけ健康寿命を延ばすべく、今年1年も、無理のないように、
少しだけは頑張って、生きていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

DSC_3023帰宅をしたら、お迎えのお家から、可愛い蒔絵蓋の三段重ね手作りおせちが届きました。

こちらは、とても薄味で食べやすく、奥さんと娘さんの愛情を感じながらじっくり
味わって、3日かけて完食しました。

ワンちゃん達も、おこぼれ頂戴を狙って、参戦していたようですが、時間を掛けて
作られている様子が、手に取るように分かる、まさしく、家庭の味のおせちを頂けて、
こちらも幸せでした。

2021年の終わりに

DSC_30082021年も、終わろうとしています。

今日は、加古川にある菩提寺に、今年最後のお墓参りに
行って来ました。

いつも、裏口から境内に入るので、正門の裏側に、風神雷神図が描かれているとは知りませんでした。
今日、初めて発見しました。

青龍山真福寺の門

DSC_3009昨年からのコロナ騒動は解決していませんが、何とか、着付け教室も、茶道教室も
コンスタントに続ける事が出来ました。

そして勿論の事、我が家は夫婦二人共、元気で一年を締めくくる事が出来そうです。

過ぎてみれば、今年もあっという間の1年でしたが、それなりに波風は起きていました。

前半は、私が、趣味のボーリングでスランプに陥り、苦しい日々でしたが、何度か
個人レッスンを受けて、今は、危なっかしいですが、スランプからの脱出課程に
あります。

 

 

DSC_3010後半は、島根県に住んでいる96歳になった実家の父が、いよいよ危ないかも・・・と
なってきて、繁忙期の仕事と重ならないかと心配をしましたが、回避出来た事が
何より奇跡的な出来事でした。

6か月前に着付け教室を休みと決めていた木曜日の朝に、父は息を引き取り、翌日の
金曜日は2か月前に、前撮りのお客様の予約が少ない事から、私だけ休みにしていた
日で、その2日間を使って、お別れの為の帰省が出来たのです。

母の施設の許可が出ず、私と母が会えない、という事で、私は告別式には出席せず、
金曜日のうちに帰阪してきましたが、土曜日からの仕事が待っている、という気持ちが
背中を押してくれて、帰って来る事が出来ました。

まるで、父に、「貴女は仕事をしてきなさい・・・」と言われたような気がして、
落ち着いて考えてみると、父から元気を貰ったような気持ちになりました。

しかも近年、夜の高速道路が怖くなってきていたのに、往復平気で運転していました。
これも、父が守ってくれていたのだと思います。

生きていた晩年は、会えなかったけども、亡くなってからは、よく夢にも出て来てくれるし、側で見守ってくれているのだな・・・と感じてきています。

 

12月の前撮りでは、20年近く一緒に仕事をさせて頂いてきた会社の方が来年早々の退職の為に、東京から会いに
来て下さり、又もや別れをしないといけない事になってしまいました。
色々、意見を聞いて下さり、有難うございました。
そして、私の鈴乃屋人生の大半に関わって頂き、お世話になりました。

 

DSC_3010こうして、お別れが続いて、まだまだ気持ちの整理もしっかりとは出来ていないうちに、

今度は突然に関東在住の友人の訃報の知らせが12月25日に飛び込んで来たのです。

還暦の記念に、これから先は、どんな事で会えなくなるかも分からないから、
会える時に、と言って関東からやって来てくれて、10名が我が家に集まり
同総会をしてから6年半。

本当に会えなくなってしまったのです。

スポーツウーマンで、一番元気そうだった彼女が、こんなに早く逝ってしまうなんて、
まだまだ信じられません。

その後、コロナが始まる直前に、関西に来てくれて、女性3人だけで、
仕事で行き慣れたホテルニューオータニで、食事をしたのが最後になりました。

今年の1月にも、電話で話をしましたが、今から考えると、その時も既に声に元気が無かったので、
私のどこかで気にはなっていたのですが。

しかし、こんなに早く逝ってしまうとは。

一報を聞いた時に、咄嗟に、私は彼女の分まで、きちんと生きなければいけない・・・と思っていました。
こういう感情が湧いてきたのも初めてでした。

後半は、こうして辛い別れが続きましたが、不思議な事に逆に私自身が生きていく為の元気も貰った気がします。

今は、この思いを来年にも繋げていきたいと思っています。

 

 

茶道稽古12月3回

HORIZON_0001_BURST20211226122516355_COVER.JPG DSC_2994.JPG DSC_2992.JPG DSC_2993.JPG

 

 

軸   【松樹千年翠】

花    侘助 蝋梅

菓子   六花(香月製)

稽古   初炭所望 台天目 盆点 後炭 重ね茶碗 千歳盆

 

 

今年最後のお稽古日でした

天気予報では、寒波だという事でしたが、この辺りには直撃は無く、雪交じりの冷たい雨は降りましたが、換気をしながらのしっかり暖房で過ごせました。

 

DSC_3004今日も、初稽古に向けての練習と、四科伝の練習としましたが、四科伝がかなりしっかり出来る様になっている事に喜びを感じます。

来年から、奥伝に入る方が3人あるので、頼もしくもあり、私も含めて、一緒に頑張っていきましょうね。

打ち込める事があるのは、幸せな事です。

来年も、元気で、美味しいお菓子とお茶が頂けますように!!

ろあん 松田

image5
DSC_2984.JPG DSC_2985.JPG DSC_2987.JPG

 

今日は、お向かいさんからの招待で、篠山にある【ろあん 松田】というお蕎麦懐石のお店に行って来ました。

篠山には、若い頃はよくドライブがてら、車を走らせましたが、こんな奥にまで入ったのは初めてでした。

自然豊かな山間に佇む古民家を改装した建物で、勿論、今風にテーブル席になっていましたが、太い梁や、茶室であったであろうお部屋もあり、昔のお部屋の形を想像してしまいました。

ウ~ンというか、私としたら、昔のままのお部屋が見たかった・・・というか。

 

DSC_2980DSC_2983

始めに透き通ってまったりした玄米スープが出て、途中は地元で採れたお野菜が彩りよく盛られた一品が、箸休めの様に出されましたが、メインは3種類のお蕎麦と蕎麦手巻き寿司でした。

2年前から、計画をして頂いていたのに、コロナで行けなくなり、ようやくかなった食事会でした。

1種類目のお蕎麦は、ソバの実の中心部分だけを使った物でとても繊細な口当たりのものでした。ワサビだけで頂いてみました。

2種類目は、蕎麦殻も一所に引いたもので、しっかりした口当たりで、塩だけで頂きました。

3種類目は、極細麺で、私はかぶら下ろしを付けて頂き、始めてたれを付けて食べてみました。

 

DSC_2986.JPG

DSC_2986.JPG

4種類目といえるのかどうかですが、蕎麦にお酢が練りこまれていて、蕎麦寿司にしてありました。
糸生姜と焼きアナゴが一所に巻かれてあって、香ばしいノリのお味とコラボして、絶妙な美味しさ。絶品でした。

 

最後のしめは、酒蒸し饅頭とお抹茶です。

 

 

 

DSC_2991

 

床の花は、盛り沢山で、蝋梅、香水仙、菊、南天、
珍しい物としては、青文字が入っていました。

私も、青文字を見たのは久しぶりです。

お蕎麦を、一皿ずつ舌の上で確認しながら頂き、景色を楽しみ、お花を愛でて、楽しい時間を過ごせました。

久しぶりに、プロの味を頂き幸せでした。
ご馳走様でした。
そして、有難うございました。

茶道稽古 12月2回目

DSC_2976.JPG HORIZON_0001_BURST20211219074316064_COVER.JPG

 

 

軸  【無事是吉祥】

花  曙椿 蝋梅

菓子  聖夜(福助堂製)

稽古  行の行台子 大円之草 盆香合 薄茶 唐物 重ね茶碗

 

 

真冬に最高の香を放ってくれる蝋梅が咲き始めました。

まだ、葉は残っていますが、自然に取れるまで付けておく方がいいのかな・・・

曙椿も昨年は沢山蕾を付けましたが、今年は少なめなので、一つ一つがとても立派な蕾です。咲いたら、10cmくらいにはなるでしょう。

床には12月に相応しい軸を掛け、いよいよ、今年も押し迫ってきた感が満ち溢れています。
あらためて、じっくりと、軸の意味を考えてみたいものです。

生徒さんにとっては、奥伝の稽古はかなりのハードルの高さがあるのですが、同時に私にとっても、異なる奥伝を二つ同日に見ていく事は難関ではありました。
今年は、それを何とか行う事が出来た事が、私の成長でもありました。

生徒さんと一緒に、私も学んでいるのだな・・・と実感した年でした。

茶道稽古 12月1回目

CENTER_0002_BURST20211205093856773.JPG DSC_2962.JPG HORIZON_0002_BURST20211205093906038.JPG

 

 

軸  良寛図【炊くほどは 風が持て来る落ち葉かな】小林一茶

花  曙椿 ヤマボウシ照葉

菓子 照葉(香月製)

香合 萩琵琶香合

稽古 初炭所望 薄茶 重茶碗 唐物

 

 

今日は、久しぶりに10時開始でした。

来年の初稽古に向けて、二人で行う初炭所望からお稽古を始めました。

又、四科伝の中で、一番簡単ではある【唐物】ですが、皆さん、子習いのように、楽そうにお点前が出来る様になり、ほとんどお休みされることなく、真面目にお稽古に通って下さる成果だな・・・と嬉しくなってきました。
しかも、強制ではないのに、きちんと着物を着て、お稽古をされる方も増えています。

きちんと着物を着てお出掛けが出来る事じたい、中々の事ですが、着物姿で、茶道のお稽古が出来る様になるなんて、茶人としても一人前に近づいてきていますね・・・

【継続は力なり】

これからも、楽しみながら進んでいきましょうね。

最後は、大壁さんの二重太鼓の練習で締めくくりました。

県立伊丹高校での浴衣着付け講習会

280px-Hyogo_Prefectural_Itami_High_School

 

今日は、兵庫県立伊丹高校で浴衣着方講習会を行ってきました。

コロナによって、2年間この講習が無かったので、高校生にお会いするのも久しぶりでした。

今までは、川西にある明峰高校に行っておりましたが、家庭科の先生の転勤に伴い、今年は、伊丹高校になった
次第でした。
初めて校門を入ってみると、校内には自然池や築山などがあり、緑が多く自然豊かな感じで、ちょっとした短大の
ような敷地と環境でした。

県内でも、かなり古く歴史のある学校だそうで、2001年の100周年記念には、OB達により【緑創館】という
2階建ての多目的ホールが作られたそうで、本日の会場は、その建物の二間続きの広い和室を使わせて頂けました。

 

浴衣着方 (2)お一人欠席者があり、12人への指導でしたが、簡単な講義のあと、
トルソーへのデモンストレーションをし、二間に分かれて、お手伝いを
お願いしてあった、由紀先生と、実際に浴衣着付けの練習を行いました。

 

 

 

 

 

 

蝶々結び皆さん、素直に、熱心に聞いて下さり、着付けも帯結びも2回ずつ出来ました。

高校生活の中で、少しでも記憶に残して貰える体験になって貰えたらいいな・・・と思いながら、締めくくらせて頂きました。

これからは受験が控えています。
皆さん、体に気を付けて頑張って下さいね。

茶道稽古 11月(3回目)

HORIZON_0002_BURST20211128063817986.JPG HORIZON_0002_BURST20211128150155435.JPG DSC_2961.JPG

 

 

軸   【千利休画】

花   ニシキギの照葉 絞り西王母

菓子   寒牡丹(香月製)

稽古  奥伝行之行台子 奥伝円草 盆点 初炭所望 後炭 盆略

 

 

今日も先週に引き続き、奥伝の許状引継ぎを行いました。

受け取る方も、引継ぎ者も共に身の引き締まる思いがあります。

照葉のニシキギは、今秋で最も綺麗な色になっていて、茶室の床も賑わい、引継ぎの場面を応援して貰っているようでした。

又、今日は、私自身も二種類の奥伝の指導をする日で、間違わずに出来るか試される日でもありました。

少し、勘違いする場面はありましたが、何とか気が付いたりして、無事に終わらせる事が出来ました。

来年の初稽古での発表の場面に向けて、来月も引き続き頑張りましょう。

途中で、二酸化炭素測定器で、計測してみたところ、大きな炭を燃やすせいか、人間は3人しかいなくても、1500近くの数値になっていて、慌てて換気をしたところ、どんどん数値が下がっていく事が目で確認できました。

この計測器は、安心を担保する為に、本当に役立っています。

茶道稽古 11月(2回目)

DSC_2958.JPG DSC_2957.JPG DSC_2959.JPG

 

 

 

軸    【千の利休画】

花    炉開き(椿) 沙羅の照葉

菓子   蓮粉餅(香月製)

稽古   盆点 台天目 初炭所望 薄茶 重茶碗 千歳盆

 

 

今日は、お二人さんに、利休さんの前で、奥伝の許状引継ぎをする日になりました。

夏から申請していた許状がようやく届き、年内にお渡しする事が出来て、私もほっとしました。

少しずつ、奥伝お稽古の出来る方が増えてきて、私自身も力が入ります。

難しい、お点前ですが、焦らず、少しずつすすんでいきましょう。

必ず、着物を着た上でお稽古をしないといけないので、着付けの練習にもなります。

段々、果実が実ってきているような、密がしっかり蓄えられてきているようなお二人に、エールを送りたいと思います。

着付け教室

1637218934704.jpg 1637219126531.jpg HORIZON_0002_BURST20211118125550696.JPG
HORIZON_0001_BURST20211118125456882_COVER.JPG

 

紅葉が進み、着付け教室の横の公園にある銀杏の大木が、見事な色になっていました。

毎年、紅葉はしているはずですが、今朝は、太陽光線のせいもあるのか、ひときわ際立っていました。

こうして、近くであっても、十分に季節の移ろいを楽しむ事が出来るものです。

銀杏の木のもちの木の実も、真っ赤に色づいてきました。

我が家の庭の赤い実は、あっという間に鳥さんに食べられてしまいますが、これほどの大木になると、少々食べられても無くならないのでしょう。

 

昼のクラスでは、振袖用の帯結びが綺麗に結ばれました。

【はばたき】という帯結びですが、本当に鳥が羽ばたいているように、生き生きと仕上がりました。

外の紅葉と同じようにお部屋の中でも紅葉狩りをしているようでした。