着物と茶道 日本の文化ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 着付けと茶道ブログ

茶道稽古(2月) 3回目

IMG_20210221_090643.jpg IMG_20210221_090654.jpg IMG_20210221_090702.jpg

 

軸   【暗香不動月黄昏】

花   紅梅 加茂本阿弥

菓子  鶯(福助堂製)

稽古  初炭 色紙点 唐物 台天目 和敬点

 

まだ、2月だというのに、春の様に暖かい日でした。

我が家の庭にも梅が咲いて来たので、今日の床花は、優しい香りを放つ梅を入れてみました。

軸も中国の詩人【林逋】の梅に因んだものにしました。

林逋は杭州西湖の孤山に隠棲し、梅300株を植え梅を妻とし鶴を子とする隠士の生活をしていた方だそうです。

意解は、(ほのかな香りが月の昇るたそがれ時にどこからともなく漂ってくる)
季節感のある軸で、私にとってもお気に入りの物の一つです。

 

IMG_20210221_101241お菓子も、梅に合わせて【鶯】でした。とても可愛いお菓子で、食べるのに
勇気がいる程でした。

香合は、形物香合番付/東前頭3段目10位

もうじき、我が家の庭でもフキノトウが顔を出してくれる事でしょう。

茶道稽古2月 (1回目)

IMG_20210207_090230.jpg IMG_20210207_090217.jpg IMG_20210207_110708.jpg

 

軸  【春入千林処々鶯】 対句【秋沈満水家々月】

花  曙椿 赤目ねこ柳

菓子 ねじり梅 他 (福助堂製)

稽古 初炭 後炭 盆点 濃茶 大円之草(奥伝)

 

以前から、望んでいた軸が手に入り、今日は初お目見えでした。

しかも、板床だったところに畳みが入り、重みが増したところに、今日は、奥伝の《大円之草》を、ベテランさん
お二人に初めて伝授致しました。

難しいお点前になると、時に私自身も、混乱する事があるのですが、今日は、無事に初めてのお二人に
お伝えする事が出来、ほっとしています。

1時間位かかるお点前なので、誰も正座をしている足との闘いでもあるのですが、それもクリアー出来、
後はしっかりと、ノート整理をして頂きたいと思っています。

ノートも簡単には書けませんが、何回かしていく中で、完成出来る事でしょう。少しずつまとめて下さいね。

 

IMG_20210207_110758奥伝には、縁高でお菓子が出ますので、今日も色とりどりでした。

茶室で頂いてこそ、よりお菓子も美味しいのですが、一度にこれだけもは
食べられませんので、お持ち帰りして頂きますが、
お家で頂くお菓子は如何なのでしょうか?
せめて、お抹茶を点てて頂いて貰うといいのですが。

 

夕方は、坂口さんのお濃茶点前デビューでした。

いつも先輩方のお点前も見て、濃茶も服して頂いているので、すんなり入って頂く事が出来ました。

暫く濃茶点前に専念しましょうね。

2021年 初釜

CIMG5700 - コピー

《床飾り》

軸   【円相 福徳円満】

花    曙椿  鶯神楽

三宝   福鈴

香合   笠牛

 

無事に初釜を終える事が出来ました。

CIMG5727と言っても、かなり簡略化したもので、食事なし、お祝い善哉なし。
その代わりに、プレゼント交換を企画し、又、それも楽しかったですね。
それぞれに考えて、準備されているので、各人の色が出ていて、思い出に残る事でしょう。
因みに、私は《And Honey のフィナンシェとクッキー》をゲット。
洋菓子には疎い私なので、新しいお店を知る事も出来ました。

 

CIMG5688昨年、2か月掛けて、練習した成果の披露の場なので、今回初釜が出来なくても、先延ばしで行うつもりはしていましたが、川西市の指示で、19時まではOKという事になりましたので、皆で十分に注意を払いながら、行う事に致しました。

 

CIMG5693

 

 

 

 

 

 

さすがに、ベテランのお二人は、貫禄さえ感じられます。

 

初炭から始める為に、10時前から順番に来て頂き、ご自分で準備をし、お客さんに披露する。

こうして披露の場を設けてみると、本当に、アリさんの様にですが、お稽古内容がレベルアップしている事が、
よく分かります。
又、先輩がリードしながら、皆で、水屋の仕事や、カメラマンを交代で担当して、私が口をはさむ場面は
全く無しでした。
この点においても、社中の皆さんの成長が感じられ、とても嬉しい事でした。

 

CIMG5737それぞれが、頑張って着物を着て来られて、着物の着方も今年は
私が直す必要も無く、一年一年上達している事に、感激です。CIMG5734

CIMG5750CIMG5757

 

CIMG5775

今回は、お稽古歴7~8年になる、四科伝チームの揃っての成長に、喜びでした。

 

 

 

 

 

IMG_20210119_112417IMG_20210119_112903

 

菓子  重菓子  (香月製)
削種・有平糖 (甘春堂)
干支せんべい (千鳥屋)
あも(餅物) (叶匠寿庵)

お食事が出来ない分、色々とお菓子を準備し、お茶もたっぷりと服んで頂きました。
お正月用の、香月さんのパンフレットを見ていると、どれも欲しくなり、今回は色々注文し、重菓子の選択も
くじで決めました。
因みに私は、残り福で《初詣》を頂きました。

例年とは違う形での初釜でしたが、皆で楽しい時間を共有することが出来ました。
全員がマスク姿での集合写真も、思い出になる事でしょう。

今年も1年、少しずつ進んでいきましょうね。

コロナ禍での成人の日

67631493今日は、一年の始めに訪れる祝日、成人の日でした。

昨年から始まったコロナの為に、誰もが落ち着かない日々を送り、成人の日が近づくにつれ、式典があるや無いやとヤキモキした数日でした。

大阪市や箕面市が、直前になって延期と決めた為にどれほどの人達が影響を
受けた事でしょう。

私も翻弄させられた3日間でしたが、今日本番は、気持ちのいい時間を過ごす
事が出来ました。

年末になって突然に依頼が入り、始めは半信半疑で大丈夫かな・・・と思いながらも、メールで何度かやりとりをしているうちに、「両親にて、出来るだけお手伝いします」という文面に安心感が持てお受けしたお宅への訪問でした。

始めは、男性の羽織袴6名の予定でしたが、箕面市の式典延期に伴い、着付け師の手配が出来た、という連絡で、3名
だけさせて頂きました。

6名様はどういう関係なのだろう、ご両親もかなり思い入れがおありなのだろ・・・等々、色々空想を膨らませながら
伺いましたが、ご両親は感じのいいご夫婦で、6名様は幼友達だという事でした。
仲良し6人組が羽織袴のレンタルだけして、ご自分達で着られるだろうと、簡単に考えていた、という事でした。

そこでようやく、私の全ての謎が解決しました。

男性6名だけの着付け依頼は、初めてだったのと、ぎりぎりの依頼だったので、1本目の依頼メールでは、このご時世でもあるという背景からも、正直少々不安を感じたのですが、そんな心配とは正反対なくらい気持ちのいいお宅でした。

近くも遠くもない位置で、スマホを手に見守って下さっているご両親の前で出来上がっていく袴姿に、ご本人共々
喜んで下さり、久しぶりに、現場っていいな・・・と、思えた時間でした。

帰宅後、別会場からの報告を首を長くして待ちましたが、美容院・鈴乃屋大阪店からも、無事に終わったとの
連絡が入り、ようやく落ち着く事が出来ました。
今年ほど、落ち着かなく、心配した年はありませんでしたが、これでようやく一年がスタートした気分です。
と言っても、コロナの事は、これからも続くので、次々課題は出てくるのでしょう。

早速に、関西での緊急事態宣言がどの様に出されるのか・・・

2021年の始まり

 IMG_20210102_144826.jpg  IMG_20210102_145011_2.jpg  IMG_20210102_145220_2.jpg

 

静かな年明けを迎える様にと、国からご指示が出され、今年のお正月は、多田神社でも守られていました。

例年なら、神社前の赤橋にも行列が出来ていましたが、今日は、スイスイと階段を上ることが出来、境内もそれ程の
密は感じられませんでした。

只、手水舎では、さすがに、柄杓が消えており、竹に開けられた穴から、水が自動的に流れ落ちていました。
確かに早くに手を清める事は出来そうだけども、清めるというよりも、単に水で手を濡らすだけの様・・・
コロナ禍の中、妙案ではあろうが、これで、柄杓の扱いが世の中から、消えていくのだろうか・・・と私的には
心配になってきました。

多田神社までは、自宅から3キロ位あるでしょうか、散歩を兼ねて気温が一番高くなる時間帯を選んで
14時頃から歩いて向かいましたが、帰りは、スピードダウン。
気が付けば、後ろからくる人達にどんどん抜かされていく。
日々の散歩で鍛えてあると思っていたのに、勘違い???
昨年11月に5歳になる前に亡くなったジロー君との散歩を思い出しました。
中型犬なのに、小さなワンちゃんにもいつも抜かされていて、まるで、私自身がジロー君になった様な気がしました。

IMG_20210101_114533年越しは、雪の心配がありましたが、例年通り、有馬で迎える事が
出来ました。
いつも楽しませて頂ける、全てのイベントは無い状況での宿泊でしたが、電車で行く事すら覚悟もした程でしたが、雪は解け、車で向かう事が可能となり、
ゆっくりとした新年を迎える事が出来ました。

イベントがない分、お食事に重きを置いて下さったのか、食べきれない
程でした。

IMG_20210101_091656

朝食では、お膳の中に珍しい物を見つけました。

【つくばね】です。

お正月の遊びに使う、羽根突き用の羽根に似ているところから、お正月のお料理や、茶花に使います。

4本あるべしの羽根が取れ掛かっていましたが、直ぐに分かりました。

新年に珍しい添え物に出会え、思わず嬉しくなりました。

 

年末に、黒柳徹子さんがテレビで、「今を考え、続けて行く事によって実るものがある。継続は力なりです。」というお話をされていました。
あれほどの非凡な方が、平凡に「継続は力なり」とあのお年で仰った事が、異様に私の心に突き刺さりました。

過去に拘っても仕方ない、先の心配をしても始まらない、今が大切なのだと、新年に当って、今一度、私の心にも
刻んだ一年の始まりでした。

茶道稽古12月(3回目)

IMG_20201227_095027.jpg IMG_20201227_112701.jpg IMG_20201227_155939.jpg

 

 

軸  【無事是吉祥】

花    蝋梅 侘助

菓子   聖夜(香月製)

稽古   台天目 盆点 唐物 初炭 薄茶平点前

 

今日は、年内最後のお稽古でした。

コロナ禍の中、6月にお稽古を再開したので、月2回の稽古日を月3回に変更し、少人数でお稽古が出来る様にして
続けて来ました。

茶碗や、茶巾、茶筅に至るまで、熱湯消毒をしながら、同じ布巾は使わない様に、ペーパータオルを使い捨てに
しながら、対応してきました。

勿論換気をしながら、工夫をすれば、お稽古を続ける事が出来る、証明できた思いで、一年を終わらせる事が
出来ました。

「何処にも行けない、何も出来ない日々の中、茶道のお稽古に来れる事が楽しみだった。」と言って下さる方も
あって、私も気持ちよく、稽古日を過ごす事が出来ました。

今の状況は、まだもう少し変わらないでしょうけども、こうして茶道を楽しむことが出来るのも事実なので、
茶道にとって一番大切な季節の変化を感じながら、一歩一歩進んでいきましょうね。

今日も先週と同じクリスマスに因んだお菓子を準備しましたが、同じようなきんとんではありましたが、お店を
替えてみたので、私も楽しめました。
とても可愛いお菓子で、勿論、美味しいでした。

 

さあ、今年の仕事も、明日の美容師さんの着付けレッスンでいよいよ終わりです。
来年もしっかり着付けと茶道に情熱が注げるように、元気に過ごしていきたいものです。

茶道稽古 12月(2回目)

IMG_20201220_091148.jpg IMG_20201220_091130.jpg

 

軸  【無事是吉祥】

花   蝋梅 侘助

菓子  クリスマス(福助堂製)

稽古  行之行 初炭 盆点 盆略 薄茶平点前

 

今日は、3人さんが、初釜に向かって、奥伝の稽古を中心に、行いました。

難しく、中々完璧には出来ませんが、奥伝が稽古出来る様になったこと自体が大きな進歩なので、焦らず、
頑張りましょうね。

初釜では、後輩に堂々と披露しましょうね。

24796今日のお菓子は、とても可愛い、クリスマスに因んだきんとんでした。
既に日本でも、クリスマスは、ポピュラーな行事になってきていますので、
茶道具にも、因んだものが増えて来ています。
古典ばかりではなく、生活に密着した道具が存在する事も、大いに
歓迎します。
これからも、それぞれの時代に即した、身近な道具で、楽しみたいものです。

庭では、早咲きの西王母に次いで、侘助も咲き始めました。順次椿が咲いて
くれる事が、寒々しい冬景色の庭であっても楽しみです。

ジロー君へのお供え

26318

犬のいない夕方散歩を始めて10日が過ぎました。

犬同伴の散歩をしていた時に、いつもジロー君を可愛がってくれていた小学校2年生のカレンちゃんが、「ジロー君に
供えて下さい。」と背負っていたランドセルを下に投げ捨てて、ナイロン袋に集めた落ち葉を渡してくれました。

昨日、亡くなった、という話をした時に、「悲しい・・・」と言ってくれていたので、学校帰りに、集めてくれた
ようでした。

大人に相談して、「花の無い時期なので、綺麗な落ち葉を集めて、お供えにしたら。」と言われたのか、綺麗に畳んであった形跡のある袋に入っていました。

必ずしも、学校帰りに、会えるとは限らないので、私達夫婦を見つけた途端に遠くから走ってきて、会えて
よかった・・・という雰囲気だったので、私も大切に持ち帰り、箱に詰めて、ジロー君のお家に持って行きました。

お母さんも、東京に居るお姉ちゃんも、カレンちゃんの気持ちに凄く喜んでいました。

カレンちゃん有難う!!!

きちんとお供えして貰いましたよ。

これからも、優しい子に育っていかれる事でしょう。

茶道稽古12月(1回目)

IMG_20201206_091845.jpg IMG_20201206_135527.jpg IMG_20201206_091833.jpg

 

軸   【炊くほどは風が持て来る落ち葉かな】

花   唐子椿 紅葉

菓子   寒ぼたん(香月製)

稽古  初炭 後炭 盆点 唐物 台天目 色紙点 茶箱月

 

昨日、用事があって立ち寄った友人の家で貰って来た唐子椿と、今朝近所の山で摘んできた紅葉が、とても
綺麗でした。

照葉も少なくなってきましたが、気に掛けながら、散歩をしていると自然が多い所に住んでいるお陰で、色々な植物に出会えます。

季節を味わえる事は、日々が豊かに暮らせる事の一因でもあると思っています。
冬至までどんどん日が短くなっていきますが、その時期を過ぎると、一日一日、少しずつでも長くなって行く事に喜びも感じられます。

IMG_20201206_121830今日のお稽古も初釜に向かっての内容でしたので、難しいものばかりの
羅列ですが、完成度は高くなってきています。

IMG_20201206_145636テキストの無い口伝のものばかりなので、ノート整理が大変だと思いますが、少しずつ進んでいる事でしょう。

 

 

 

 

 

 

IMG_20201206_154224先月、二重太鼓をお教えしたばかりの大壁さんが、着物姿でお稽古に
来られました。

少し?の部分もあったのですが素晴らしいです。
着物姿でお稽古される様子がとても綺麗と、見ていた人が、連写の様に写されていました。

本当に、綺麗に着られていて、美しい姿でした。

非日常の中で、美味しいお菓子とお茶を頂き、綺麗な花や、道具を見て、
リフレッシュして帰って行かれます。

特に今、コロナ禍の中、こういう空間がある事が、気持ちの切り替えになって貰えて、私も嬉しいです。

大津での前撮りとジロー君

 IMG_20201129_081836.jpg IMG_20201129_081924.jpg

 

コロナ禍の中、今年も大津での振袖前撮りのお仕事が無事に終わりました。
5月の予定だったのですが、緊急事態宣言の発令によって、この時期まで延期になっていたのです。

近年は、西武デパート内にあった鈴乃屋大津店での実施だったので、琵琶湖のほとりにある県立武道館での実施は
数年振りでした。

1年に1~2回、3日間連続のお仕事でしたが、15~6年通って来たもので、今年で最後になるかも・・・という
事情の中、何だか琵琶湖を見るのも胸が詰まる思いでした。

少し、早めに武道館に到着したので、琵琶湖まで近づいたところ、朝の琵琶湖を眺めておられた店長が、記念にと
写して下さいました。

いつも、バタバタと仕事が始まるのに、今回は、朝の琵琶湖をしっかり眺めて、ゆくっりとした気持ちでの
スタートでした。

IMG_20200524_1801303日目の日曜日は、お客様の予約数も多く忙しい1日でしたが、無事に3日間を終了する事が出来、安堵する思いで帰宅したところ、お向かいのワンちゃん
ジロー君が亡くなった報告が待っていました。

散歩をしていても、夏ごろから、調子が悪そうだったのですが、腎臓の数値が悪いという事で、余命、1年と言われてから、3か月位で、あっという間に
逝ってしまいました。

東京の方が、高度な治療が受けられるかな・・・という事で、一時東京に
行っていましたが、自然療法のホモトキシコロジーの治療を取り入れて
おられる先生が堺にもいらっしゃる、という事で川西に戻ってきて9日目
でした。

お向かいのお姉ちゃんは、藁をもすがる思いで必死に治療の道を探ったのに空しくでした。

 

143484C8-A891-413A-9E31-86CA13CA8C9C子供の頃から、もう歩けない・・・と言いだして、散歩途中でよく私は抱いていましたが、最後に抱いた時は、痩せて軽くなっていました。

私にとっては、その事が、彼との最後の触れ合いになりました。

優しくて、犬にも人にも仲良く触れ合えるフレンドリーな子だったので、
犬友も多く、皆さんに報告せねばです。

生後7か月で、お向かいにやって来てから、4年余り、甘えたで、いつも
楽しませてくれました。

後、3日で5歳になるところでした。

ジロー君、有難う!!!!!