着物と茶道 日本の文化ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 着付けと茶道ブログ

初釜

CIMG5581快晴の中、皆さん元気で初釜を迎えられました。

私が茶道を指導するようになって、25年(阪神大震災の年からです)、毎年色々な形での初釜を施行してきましたが、今年は、まだ少し難しいかな・・・と思えた七事式を、くじで担当を決める、という趣向で、皆でとても楽しく過ごす事が出来ました。
それだけ、皆の力が付いてきている、という事も実感しました。

朝もゆっくりの集合で、帯を結び合う人は少し早めに集まり、綺麗に着てきた姿を見ると、思わず撮影会から始まり、既に盛り上がっています。
茶道に入る前から、それぞれの綺麗な姿に称賛!!!!!
女心全開です!!!

CIMG5576いざ・・・茶室に出陣です。

皆で、準備から始め、お床へのご挨拶の後、ワクワクのくじ引き。
年末に練習してきた、二つの花月(炭付き花月&濃茶付き花月)のどちらに参加するかがこの場で決まり、とりあえず、チームが出来ました。

 

CIMG5574CIMG5677

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、炭付き花月の開始です。
花月は、全て、折据を使って役を決めるので、皆、楽しみとドキドキが同時に交差します。
何と何と、亭主と炭手前をする大役が、普段一番練習量の少ない、大壁さんに当たりました。
着物大好きで、素敵な色留袖で参加されたほど、今日は力が入っていたので、神様が与えて下さったのでしょう。
先輩たちを前に、緊張の中、よく頑張りました。

 

CIMG5665CIMG5680

 

 

 

 

 

 

二部は、選手交代で、濃茶付きを、同じく4名でして頂きました。
こちらのチームも、一番若手の森田さんが、主役の濃茶点前が当たり、落ち着いて活躍されました。

CIMG5609朝から、北村さんと帯を結び合い、初釜の雰囲気も華やかになり、とても素敵です。
お二人にとっては、着付けの成果を出す場面にもなり、私の手は殆ど出すことはなく、綺麗に結べた結果が、最高でした。
お点前をするも、お茶を頂くも、全てが、一座中での折据で決まるのですが、この一座でも、一番年配のよし子さんは、動く事無く、お客様で終始していました。
これも、神様からの、ゆっくりしていいよ・・・のメッセージのようで、不思議な一日でした。

CIMG5668CIMG5672

 

 

 

 

 

 

 

二つの花月終了後、リラックスして、皆で一緒にお食事を頂きました。
今回も「幸寿司」さんからの出前で、本当に美味しいです。
私の食欲も戻っていたので、この皆と頂く食事が、新年の食べ始めのようでした。

 

CIMG5675昨年7月に申請していた、谷畑さんと梶さんの奥伝の許状が、ようやく年始に届いたので、こちらも社中全員に祝って貰いながらの授与が出来ました。
これからも、後輩の模範になれるよう、お稽古頑張っていきましょうね。

中々届かない事に、昨秋はやきもきしましたが、こうして初釜の席でお渡し出来た事も、逆にとてもよかったです。

今日は、坂口さんだけがお休みで、時間を共有出来なかった事が残念でしたが、出席者全員でゆっくりした中で、楽しめて、有意義な一日を送る事が出来ました。
私の気持ちもアップしてきました。
子年に相応しく、ささやかでも、自分の中に、何かを育てていきましょうね。

2020年 子歳の幕開け

IMG_20200101_090408.jpg IMG_20200101_091732
IMG_20200101_093038

今年も変わらず、有馬で新年を迎えました。

年末に風邪を引いてしまい、フラフラながら、有馬温泉へ行って来ました。
いつも到着次第、街中を歩くのですが、犬の散歩で鍛えているはずの足も重く、数日寝込んだだけでこんなに弱るのか・・・と落胆してしまいました。

食欲もあまり無く、温泉にも一度しか入れない年越しでしたが、キャンセルせず、来れただけ、よかったかな・・・と思い、折角準備して頂いているイベントには参加してきました。

header[1]

今回のカウントダウンの為のアカペラグループは、男性チーム【 ザビエルズ】でした。
迫力のある演奏で踊りと個性あるMCを加え、一緒に新年の幕開けをシャンパンで祝いました。
私は、ジュースでしたが。

元旦には、鏡開きとお餅つきと、新年のスタートを楽しませて頂き、ゆっくり帰宅して来ました。

有馬は大好きな温泉街なので、又体調を整えて行きたいな~~

茶道稽古 12月(2回目)

IMG_20191208_093830.jpg IMG_20191208_093840.jpg IMG_20191208_115021.jpg

 

 

軸 【帰去来】

花  曙椿 白山吹

菓子 落ち葉拾い(香月製)

稽古 炭付き花月 濃茶付き花月 壺紐結び

 

今日も、10時に5人揃って、花月のお稽古をしました。
5人揃って集合すると、それだけで、何だか楽しそうで、皆さん意気揚々です。

しかし、中々5人が揃って動く事は、難しく、完璧には出来ないのですが、先週に続いての方も2名あり時間短縮も出来ました。
きちんとお勉強して来て下さった方もあり、今日はかなりスムーズに進みました。
もう一歩です。
壺紐結びも熱心に練習して下さる方もあり、安心致しました。

次回も、初釜に向けて頑張りましょう。

 

今日の菓子は香月製の《こなし》でした。
栗餡で美味しいでしたが、いつも頂く練り切りとは少し違う、と気付き調べてみました。

練り切りは白あんに求肥などのつなぎを加えて作るもの。

こなしは、求肥ではなく小麦粉を混ぜた和菓子です。

作り方としては、白あんに小麦粉を混ぜて蒸し、それをまとめます。

そこにシロップを加えて固さを調整し、揉みこなしていくのですが、この揉みこなす作業から「こなし」という名前がつくようになりました。

複雑な工程があることから、こなしは練り切りよりも手間がかかり作ることが難しいと言われていますが、粘り気の
少ないさっぱりとした味わいをしています。

こなしを立派に作ることができてこそ、一人前の和菓子職人と言われるほど。

いわゆる、和菓子職人にとっての登竜門とでも言うべき存在でしょう。

茶道稽古 12月(1回目)

IMG_20191201_091310_2.jpg IMG_20191201_091336_2.jpg IMG_20191201_091352.jpg

 

軸  【開門多落葉】

花   絞り西王母 紅葉

菓子  銀杏(福助堂製)

稽古  炭付き花月 濃茶付き花月 茶箱月点前 壺飾り紐

 

 

とても、綺麗に紅葉したもみじを、近くの公園で、一枝貰ってきました。
本当に綺麗な色です。

又、猪年も後1か月になり、可愛らしい猪香合も出してきました。
12年後まで会えないので、しっかり拝見しておきました。

今日は、初釜に向けて、全員10時集合で、花月の稽古を何と、3回出来ました。
いつも、花月の稽古では、皆さん疲れ切ってしまうので、2回練習した後、お楽しみの休憩を取り、
3回目も頑張りました。
花月は、何度しても、難しい・・・
私も、途中で、混乱してしまう程なのですが、全員の蓄積が増えてくると、その合同の力で運びがスムーズになるはずです。

頑張りましょう!!!

茶道稽古 11月(3回目)

IMG_20191124_082359.jpg IMG_20191124_082409.jpg IMG_20191124_110238.jpg

軸  【良寛さんと童子】【炊くほどは、風が持て来る落ち葉かな】

花  絞り西王母 ヤマボウシ

菓子 紅葉(福助堂製)

稽古 行之行台子 濃茶 台子での初炭 茶箱花 茶箱和敬点

 

IMG_20191124_110302ヤマボウシの照葉が例年になく、とても綺麗でした。
先週と同じく、絞り西王母と合わせてみました。

久しぶりに、杉棚を使ってのお稽古に、3本柱扱いの事も、思い出して頂きました。

着物を着るにも相応しい季節になってきたので、今日は、3人の方が着物でのお稽古でした。
やはり、足取り、袂さばき、綺麗なお点前が、より一層引き立ちますね。
茶道のお稽古と共に、着付けのお稽古も出来て、一石二鳥ですね。

福助堂さんのお菓子も、黄身餡が上品で、とても美味しいでした。

次回もお楽しみに!!!

茶道稽古 11月(2回目)

IMG_20191117_091215.jpg IMG_20191117_141330.jpg
IMG_20191118_172656.jpg

 

軸   【関】 寛道筆

花   絞り西王母 錦木

菓子  箕面路(香月製)

稽古  行之行台子 初炭 薄茶 茶箱月点前

 

 

今日は、【奥伝】にお二人がデビューされる、御めでたい日になりました。

1時間は、掛かるお点前です。

まず、引き継ぎで、私がお点前を披露し、続いて、お二人にも始めてのお稽古をして頂きました。
基礎がきちんと出来てこそ進んでいける点前です。
小習い・長板・四科伝(唐物・台天目)が合体した上に、【行】がプラスされる、何とも複雑なお点前に、お二人も、ため息交じりでした。

しかし、優秀なお二人は、今までに学んだ事はきちんと身に付いているので、何とか、初回のお稽古は、無事に
終わらせる事が出来ました。

次回までに、ノート整理頑張って下さいね。

茶道稽古 11月(1回目)

IMG_20191110_090727.jpg IMG_20191110_090737.jpg IMG_20191110_090721.jpg

軸     【瑞気満高堂】

花      初嵐 錦木

菓子     上用(織部)(上政製)

稽古     初炭 後炭 薄茶 濃茶 茶箱月点前 盆略

 

今日は、我が家の炉開きでした。
半年間風炉のお世話になりましたが、これからの半年は、大きな炭を使って暖をも取りながらのお稽古が始まります。
きちんと着物を着て、祝って下さった方もありました。

茶壺も出して、飾り紐を結んでみましたが、社中の方達は、炉への変化対応に精一杯の様で、真行草の紐の練習までは出来ない様子でした。
今年中に手に出来ればいいかな・・・

炉開きには、【べ】の付く物を、三つ揃えるという事で、
花入れ(織部)
菓子器(瓢)
茶碗(伊部)
と揃えてみました。

茶碗は、私が指導を始めた頃に購入した物で、少し使いにくいと思い、長い間しまいこんでいたのですが、逆に、
皆さん喜んで使って下さいました。
今見ると、落ち着いた風情があって、中々の備前焼の茶碗に見えてきました。
年月経過で、私の見方も、少し変わった様に思えます。

茶道の練習の後は、お二人残って、着付けの練習までされました。
集中力も途切れそうな中、よく頑張りましたね。
お二人が、着物が着れる様になったら、全員が自分での着装OKのチームになります。
私にとっても、自慢になる事です。
嬉しいですね。
お二人さん、頑張りましょうね。

姉弟様での七五三参り

InkedIMG_20191026_100636_LI
今日は、特別なご家族のお参りの為のお着付けをして来ました。

最近は、私自身は、遠くまで着付けに行く事は避けているのですが、今日は、半年も前から、お約束をしていた大阪のお宅に出掛けて来ました。

10年前からさせて頂いていて、今回で四回目になるのですが、前日にこんなに大きくなられている事をお聞きして、
訪問した時も成長されている姿に驚きでした。

前回は、男の子が赤ちゃんだったのに、5才になられていて、その子の七五三参りの為に、お姉ちゃん達が全員お着物を着られたのです。

荷物も沢山でしたが、全員のお着付けが終わってお姿を見ると、とても感動でした。

私自身にも、いい思い出になりましたが、4人のお子様達も、きっと一生の思い出になる事でしょう。

有難うございました。

吉川八幡神社 ご神馬

1571804329573.jpg 1571804381384.jpg 1571804369335
     1571804360754.jpg

今朝は、不思議な事がありました。

いつもの通り、夫が、1時間余りの犬散歩から帰って来た時に、「今朝は、駐車場に馬がいた。」と言います。
山の中を散歩するので、鹿や、猪に会う事は時々あります。
でも、馬は珍しいので、私も見に行きたくなり、再度犬(ジロー君)を連れて、夫に案内して貰いました。
犬を連れて近づいたせいか、馬も一声「ヒヒ~ん」
その声を聞かれてか、外階段から、お家の方が降りて来られました。

20170716-140234_qO00WHz47J[1]この子は、豊能町にある「八幡神社の御神馬で、いづめ君 2才」とお話しして下さいました。
6月に、令和改元と新天皇即位を記念して、北海道の牧場から迎えたそうです。
対馬馬と木曽馬のハーフで、日本固有種の馬、この子の様な豊作稲と同じ黄金色の馬は、国内に5頭しかいない珍しい馬だそうです。
ご縁あって、豊能町に来た子なのでしょうけども、9月15日の
秋祭りで神馬として、初デビューしたようです。
餌のキャベツを上げてみたり、一緒に行ったジロー君にもキャベツを頂いたりして、しばし、宮司さんと共に「いづめ君」と
遊んで来ました。
昨日、即位礼の行事のお役目を終わらせ、神社から、国道173号線を乗馬で2時間掛けて、歩いて来たそうです。
(イヅメ君の?)住まいの工事の為に1週間だけ、別宅の鼓滝に来たそうです。
掘り込み車庫に、ぎりぎり入れる背丈でしたが、まだまだ大きくなるそうで、又成長を見に行きたいと思いました。

CIMG1983

帰宅し、ネットで調べてみたら、何と8年前に「みつこ着付け教室のお出掛け会」に、雅楽演奏者として太閤園に、来て頂いた事が
ある方が、この神社の宮司さんになっておられて、本当に驚きました。
【天地雅楽】のメインメンバーである、久次米一弥さん。
2014年6月に「吉川八幡神社」の宮司さんに就任されていたようです。

現在は、宮司として、音楽家として広く活躍されているようですが、いづめ君を通してこんな思い出に浸れるとは思ってもいませんでした。

ネットでは、いづめ君が神官として就任以来、困った事もあるそうで、彼に会いたい時は、前もってご連絡下さい、と書かれていましたが、今朝は自由にたっぷりと、解説付きで
面会出来ました。

有名馬になったいづめ君は明日の関西テレビ【報道ランナー】にも出演するそうです。
天皇陛下の即位礼正殿之儀に合わせてのようです⛩
新元号令和元年を記念してやってきた取材だったそうです。

茶道稽古 10月(3回目)

IMG_20191019_165012.jpg IMG_20191019_161606.jpg IMG_20191020_115513.jpg

軸   【東籬佳秋色】

花   上臈ほととぎす 浮き釣り草 夏雪かずら

菓子   山苞(福助堂製)

稽古  中置五行棚での大津袋・包帛紗・長緒 初炭 後炭 茶箱和敬点 盆略

10月は、お客様に出来るだけ暖を近づける、という意味から、風炉を畳の真ん中に設置します。
その中でも、今日は、【木火土金水】が存在する五行棚を使って、各人違う道具を使っての濃茶稽古をして頂きました。
1年に1~2回だけのお稽古なので、皆さん、戸惑いがあったようですが、お点前自体は難しいものではないので、中置でのお洒落も楽しんで貰えたのでは・・・

又今朝は、数年、花を付けてくれなかった、浮き釣り草が、久しぶりに、真っ赤な顔を見せてくれて、上臈ほととぎすと共に、掛け花入れに入れる事が出来ました。

来月からは、炉に変わります。
茶室も衣替えです。
入れ替え頑張ります。