着物と茶道 日本の文化ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 着付けと茶道ブログ

お正月の虹

DSC_1678.JPG DSC_1680.JPG

 

14時半頃に、突如、が出てきました。

丁度、我が家のリビングの窓から見える方向で、東側ですが、カメラで写しているうちに、あっという間に消えていきました。

気が付いたのが遅かったのか、虹が消えるのが早かったのか、あっという間の時間でしたが、とても綺麗でした。

お正月三日目の出来事で、嬉しくなりました。

2017年 お正月

DSC_1662.JPG DSC_1664.JPG
DSC_1672.JPG
DSC_1677.JPG DSC_1676.JPG          DSC_1652.JPG
topimagenew[1]

 

2017年も、変わらぬお正月を、有馬温泉で迎える事が出来ました。

有馬でお正月を迎える様になったのは、10数年前からになります。

私の足が悪かった頃、湯治の様に自宅から行きやすい有馬に行き、静かに身体を癒していた事から、お正月も
有馬で過ごす様になりました。
動物を飼っている身から、遠くには行きにくい、という思いもありました。
有馬温泉に興味を覚え、色々なホテルに宿泊してみましたが、大き過ぎず、ちいさ過ぎず、ゆっくり♨に浸かれ、
リーズナブルである事から、高額になるお正月は、 《メープル有馬》 ホテルに限るという思いで、
毎年同じ和洋室のお部屋を、次回の為に予約して帰ってきます。
代わり栄えはしないけども、いつも、お部屋に置いてある、「お帰りなさい」というメッセージカードに、落ち着きを感じます。

一昨日も、馴染みの社員さんに出迎えて貰って、夜は、この数年、ロビーコンサートは、女性だけのアカペラ 【キューティーハニー】 の歌声に耳を傾け、カウントダウン時には、和服に着替えたメンバーの歌声と共に、
シャンパンで乾杯を楽しんでから、眠りにつく。

今回は10時からの年越しそばは頂きましたが、元旦の朝の、鏡開きや餅つきには参加せず、
お部屋でゆっくり過ごしました。

いつも到着後、といいましても、自宅を出てから1時間足らずでホテルまで着くのですが、すぐに、町を歩いてみます。
ここにも我が家の楽しみがあるのですが、あちこちに猫がいるのです。
10キログラム近くあるであろう、「ルフィー」という雄猫も健在でした。
1昨年にはペアーの雌猫が亡くなっていて、残念でしたが、今回も、秋の有馬での火事が起きた店にも、
猫を飼っておられたのに、その猫の所在が分からず、数件の店の焼け跡だけを目にして来ました。

帰宅後、自宅近くの 【多田神社】 にお参りに行ってきました。

改めて、こうして、変わらぬお正月が迎えられる事に、感謝の気持ちを抱きながら、新年をスタートさせました。

一年の締めくくり

DSC_1626.JPG DSC_1599.JPG DSC_1600.JPG
 DSC_1601.JPG DSC_1604.JPG DSC_1605.JPG

 

今朝、目覚めてみると、お迎えの屋根に雪が積もっていました。(画像では分かりにくいですが)

初雪です。8時には消えていきましたので、僅かな時間の風情でしたが。今年度の仕事が、全て無事に終わり、今日ようやく師走を迎える気分です。

この1年を振り返り、例年の如く、バタバタと過ごして来たような気がします。

なかなか、理想とする形には届かない、と思うところが、私の至らない反省点なのかな・・・

来年は、今より一歩でも、理想形に近づける様に、意識をしてみたいですが・・・

庭の花達を見るのが、私にとって、とても慰めです。

12月の茶道稽古で茶花に使った、《うぐいす神楽》 が咲きましたよ。

まだ小さな苗の 《赤加賀八朔》 も一つだけ付けていた蕾が開いていました。

白侘助は、春に庭師さんに思い切った剪定をして頂いたので、今年は、花芽が少ないですが、可憐に咲いています。

万両も色よく、千両に負けず、冬の庭に彩りを添えてくれています。

蝋梅は、昨夜の風でかなり葉っぱが落ち、透き通る様な花びらが輝いています。来年は、この蝋梅の花のように小さく輝ける一年であります様にと、願いながら見つめています。

朧梅 の 開花

DSC_1592.JPG DSC_1590.JPG DSC_1589.JPG DSC_1591.JPG

2週間前から、耳石による眩暈が出てきた中、10日あまり前に風邪を引いてしまい、気になりながら
庭の手入れが出来ていませんでした。

今日は、12月としたら珍しく暖かで、午後からは雨だというので、午前中に、終わってしまった菊の枝の切り取り等で
身体を動かしました。

久しぶりに庭に出てみると、蝋梅の蕾が沢山付いています。
咲き掛けのものもあります。
葉っぱがまだ残っているので、鳥達に見つけられにくいですが、落ちてしまったら、すぐに甘い蜜をついばみにきます。

早速、枝を2本切り、仏壇と、おトイレに飾りました。
これから、暫く、甘~い香で楽しませてくれることでしょう。

千両も色よく、数名の方に、枝を切って差し上げましたが、まだまだたっぷり真っ赤な実を付けてくれていて、
庭の彩りになっています。

遅咲きのミニ菊も、満開で綺麗です。

ミニ蜜柑も濃いオレンジ色になってきました。
これは、夫の物なので、私が摘み取れないのですが。

明日から、3日間、今年最後の前撮りの仕事の為、大津行きなのですが、これで少しスッキリした気持ちで行けそうです。
皆さん、明日から宜しくね!  頑張りましょう!!

茶道稽古 12月(2回目)

DSC_1584.JPG DSC_1585.JPG DSC_1586.JPG DSC_1575.JPG

 

軸  【無事是貴人】

花  曙椿 鶯神楽

菓子 寒牡丹(福助堂製)

稽古 長板での 薄茶 濃茶 盆香合 後炭 茶箱月 盆略 盆点

 

今日は、いつも一番に、元気よく飛んで来られる梶さんが、風邪でお休みでした。

茶道稽古も、今年の締めくくりの日となりました。

前回から、1月の集いの為の練習も兼ねて、長板のお稽古をしていますが、ハードルが高いな・・・と
しみじみ思ってしまう。
もっと簡単なお点前にしておけばよかったかな・・・と後悔もしてみたりですが、前を向くしかない。
頑張って稽古して、難しいお点前を皆さんに披露しましょう。

只、茶箱月が、次々、チャレンジ出来る様になってきて、皆さんの成長を感じられて嬉しいです。

来年は、大きな行事が二つもありますが、緊張と楽しみとを持って、一緒にお稽古頑張っていきましょうね。

来年も宜しくお願い致します。

茶道稽古 12月(1回目)

DSC_1572.JPG DSC_1571.JPG DSC_1573.JPG DSC_1577.JPG
            DSC_1576.JPG

 

軸  良寛と童の絵 【炊くほどは、風がもてくる落ち葉かな】

花  桜照葉 侘助 炉開き

菓子 紅葉・乱菊(福助堂製)

稽古 長板による初炭・後炭・薄茶・濃茶 盆略・千歳盆 茶箱月

 

朝から、寒い日でしたが、8時からお稽古を開始しました。

1月末の【集い】に向けてのお稽古の開始です。

目標があるので、皆さん、真剣にお稽古が出来、着々と準備が進められています。

新入会者の大壁さんも、少しずつ、皆さんに馴染んで下さっているようで、嬉しく思います。

師走は皆さん、お忙しい事と思いますが、来週も頑張りましょうね

明峰高校での浴衣着付け講習

CIMG4991CIMG4993 CIMG5006

 

 

 

 

CIMG5007

 

CIMG5008_LI (2)

 

 

 

今日から師走になりましたが、暖かな一日でした。

例年通りに家庭科教室に入りましたが、窓から見える大木の紅葉の木が、とても綺麗に紅葉しており、思わず、
写真を撮りました。

今年の家庭科専攻者は、5名という事で、例年の三分の一の人数で、アットホームな雰囲気での授業になりました。

教室に入って来られた生徒さんのお顔を拝見したところ、最初の印象として、女性らしい柔らかなお顔立ちの
方達ばかりで、安心して授業が始められました。

この数年、時間的な余裕が無く、講義は出来ない状況だったのですが、今日は、少人数という事で、
【浴衣】についての講義から出来ましたが、皆さん、頷いて聞いて下さっていた事が印象的でした。

これから、色々な経験をされる事でしょうけども、ご自分で作った浴衣で、着付け方を習った事も、
きっと忘れない事でしょう。

来年の夏は、思い出一杯の浴衣で、花火大会に行けるといいですね。

【組紐 綾の会】 作品展

DSC_1552.JPG DSC_1553.JPG DSC_1556.JPG
DSC_1554.JPG

 

今日は、「みつこ着付け教室」 と同じ部屋で、曜日を替えて活動されている 【組紐 綾の会】の作品展に行って来ました。

今年度は、5名のメンバーの内、お一人病気でお休みされている中、頑張って例年通りの出展をされていて、
私も思わず、色々買い求めて参りました。

着物用の帯締めは、一時期に比べてうんと少なくなりましたが、その替わりに、洋服用のアクセサリーや、
お部屋の装飾品をたくさん作られておられました。

古い着物を裂いて、細い紐状にして、機織りして作られた、ポンチョを着ておられた方があって、思わず、
モデルになって頂きました。

1月末の【お茶の集い】の時にも実演・出展して頂きたく、相談を兼ねてゆっくりとさせて頂きましたが、
その間に来られるお客様は、多趣味の方々ばかりで、驚きました。

過去に、着付け教室に来られていた方が、偶然に見に来られて、久しぶりにお会い出来、懐かしい話に花も咲きました。

次は、【お茶の集い】で、宜しくお願い致します。

茶道稽古 11月(2回目)

DSC_1549_2.JPG DSC_1548_2.JPG DSC_1551_2.JPG DSC_1510_4.JPG

 

軸  【紅葉舞秋風】

花  ニシキギ 加茂本阿弥

菓子 山苞 ひな菊 (福助堂製)

稽古 荘り物 茶箱/月 卯の花 盆略 初炭 後炭 奥伝(大円草)

 

今日は、開炉より、2回目のお稽古でした。

ニシキギの紅葉は今一つでしたが、何とか床花に使えました。

瓢で出来た水指が何とも素敵で今回も使ってみました。

荘り物、4種類を各人にして頂き、違いも見て頂きましたが、平点前ではなく、応用編が出来た事も、皆さんの進歩の表れだと思います。

次回は、いよいよ、集いの練習に入りますね。

炉開きと許状授与式

DSC_1524.JPG DSC_1525.JPG DSC_1526.JPG DSC_1537.JPG
DSC_1534.JPG DSC_1530.JPG DSC_1529.JPG DSC_1531.JPG

 

軸  【東籬佳秋色】 朴堂筆

花  ヤマボウシ照葉 初嵐 絞西王母

菓子 紅葉(福助堂)

稽古 初炭 後炭 薄茶 茶碗荘 月点前

 

今日は、炉開きのお祝いと3人さんの許状授与式とが一所に出来ました。

8時からお稽古を開始して、午前の部と午後の部の方の間で、夫様手作りのお赤飯とお吸い物を頂き、
お祝いの席と致しました。

炉開きに因んで、「べ」の付くものを3点揃える意味で、初めて、「瓢水指」を使ってみましたが、自然の物は、
手触りが違います。
お稽古終了後、片付けていて感じたのですが、何とも温もりのある水指で、お水を入れる道具でありながら、
こんな感激は、初めてでした。
炉開きに相応しいお道具が使えてよかったです。

半年間、大きな炭を使っての、炉でのお稽古になります。
これからは、1月末に予定している、【お茶の集い】に向けて、頑張りましょう。

又、許状を頂けた、3人さんは、尚レベルアップ出来る様に、励みましょうね。