着付けと茶道 日本の文化|兵庫県川西市|着付け教室・出張着付け・着物相談 みつこ着付け教室

着物と茶道 日本の文化ブログ

茶道稽古 3月(2回目)

DSC_0922.JPG DSC_0921.JPG DSC_0923.JPG DSC_0925.JPG

軸   【春水満四澤】

花    ぼけ 椿(菱唐糸) 水仙

菓子  菜の花・桃の花 (福助堂)

稽古  初炭 後炭 貴人濃茶 茶箱(花) 千歳盆

今回も、釣釜を使ってのお稽古を致しました。
前回は1年振りだったので、炭手前での釜の扱いが大変でしたが、今日は丁寧に釣釜を扱うことが出来ました。
ゆらゆら揺れる釜は、とても風情があります。

今年度は、丁寧なお点前が出来る事を心掛けて、お稽古をしておりますが、意識をする事によって、本当に少しずつ綺麗なお点前になってきている事が、とても嬉しいです。

来月は伏せ釜です。
少し暖かになっていることでしょう。

久しぶりの家族写真

DSC_0906.JPG DSC_0905.JPG DSC_0909.JPG

今日は、38年前の結婚式依頼、プロのカメラマンによる、普段着写真を撮って頂きました。

10年来着付けの依頼を頂いていて、数年前から、店のスタッフさん共に着付けの稽古に来られているテテノアさん
からのお話による撮影でした。

いま時のデジカメではない、昔ながらのフィルムを使ってのモノクロ写真を撮って頂けるという事で、老後に備えて
きちんとした写真を残したい、という思いになり、お話しをお受け致しましたが、久しぶりに緊張とリフレッシュ感
とを頂いた時間でした。

大阪に拠点を置かれる 【伊藤写真館】 さんですが、テテノア2号店 【ててなな】 でこれからもこういう機会を
設けられるという事で、今回これを機に増やせるアルバムを作って頂き、何かの機会にこうして撮影して頂いた写真を
パソコンではない、アナログアルバムとして残していきたい、と思います。

愛猫 アミ が一緒ではなかった事が少し心残りですが、まず、今回のアルバムが出来上がる日を楽しみに待ちたいと思います。

DSC_0918

茶道稽古 3月(1 回目)

DSC_0896_3.JPG DSC_0895.JPG DSC_0894.JPG DSC_0898_3.JPG

IMG_20160307_194953.jpg   DSC_0902_4.JPG  DSC_0903_3.JPG

 

 

軸     【桃花千歳春】

花     椿(岩根絞り) 水仙

菓子   初桜(福助堂)

稽古   釣り釜での初炭・後炭 貴人薄茶点前 茶箱(花点前) 千歳盆

今日は暖かな一日でした。

1年のうち、数回しか使えない、立雛水指を使って、貴人点を練習して頂きました。

少し何かが変わっただけで、手元が狂い出来ている事が出来なくなるものですが、今回は、初めての稽古だったので、無理もないですね。

又、少しずつ慣れていきましょう。

 

茶道稽古 2月(2回目)

DSC_0886.JPG DSC_0887.JPG DSC_0888.JPG DSC_0889.JPG

軸   【君火を焚け よき物見せん 雪丸げ】 芭蕉句

花   椿(加茂本阿弥) 赤目雪柳

菓子  白梅 いただき 桃の花 菜の花 春しぐれ(桔梗堂)

稽古  筒茶碗 絞り茶巾 濃茶 続き薄 初炭 後炭 千歳盆 雪点前

昨日、西宮に行ったついでに初めて桔梗堂で、重菓子が買えて、今日は久しぶりに皆さん大はしゃぎでした。

先日のお茶会で知った桔梗堂さんですが、早速購入出来、とても凝ったお菓子で大感激!!

是非、又買いに行きたいです。

皆さん、次回をお楽しみにね・・・

お茶会巡り

DSC_0874①市役所横の【海清寺】

DSC_0877

DSC_0876

 

 

 

 

 

 

 

今日は、西宮の友達と一緒に、西宮市のお茶会巡りをしてきました。

半年前から計画をしていて、今日ようやくご一緒して頂けたのです。

まず、一番に市役所横の【海清寺】

軸 【一身如雲水】 鵬雲斎大宗匠筆

たまたま入れた二席目では、ご住職様もご一緒でした。

お庭の松がとても綺麗に剪定されていたので、見とれてしまいました。

 

②西宮神社

DSC_0880

 

DSC_0879

 

DSC_0885

 

 

 

 

続けての生菓子は、少々きつかったので、
持ち帰ってきました。

 

車で移動して西宮神社に参りました。

こちらには、若い頃数回お茶会に参加した事がありましたが、今回はその時の【六英堂】茶室ではなく、新しく出来た社務所の広間でのお茶会でした。

DSC_0881DSC_0882六英堂】は、岩倉具視の私邸の離れ屋敷が変遷の後、
西宮神社に移築保存されたものだそうです。

明治新政府の主要人物、公家の三條實美、岩倉具視、
西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允、伊藤博文らが、度々会合を重ねたというところから、名づけられた
建物だそうです。

次回、六英堂に入れる事を楽しみにしたいと思います。

 

 

 

③広田山荘

DSC_0883KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

軸  【春暖鶯声滑】

 

広田山荘へは、少し迷いましたが、同伴のお友達の誘導で、何とか到着する事が出来ました。

広田神社は、兵庫県下では一番古い社だそうです。

hirota01c[1]

 

 

 

 

 

しかも、こちらのお席では、13名程のお客様で、遠慮なくお道具を見せて頂く事が出来ました。山荘までは、茶人さんも足を運びにくいのか、こんな少人数のお席は初めてでした。

表流を学ばれているお友達と、1日ゆっくり、茶道の勉強をして歩く事が出来ました。

本当に茶道は、深くて、広い道なので、学ぶことが多く、学べる事は楽しいです。

 

 

 

行の行 稽古

DSC_0858.JPG DSC_0856.JPG DSC_0857.JPG DSC_0859.JPG

 

軸  【和是生百福】

花  鶯神楽 侘助

稽古 行の行 和巾

今日は、久しぶりに冬の陽だまりの一日でした。
朝から、荒木先生に来て頂いて、お稽古を付けて頂きました。

一輪しかない鶯神楽が、金平糖の様に、目一杯花びらを広げてくれています。
邪魔にならない様に、椿は侘助にしました。
この侘助も二期目の花で、少し小ぶりなので、引き立て役になってくれています。

1か月に一度のお稽古ですが、色々疑問点をぶつけて先生を困らせていますが、お稽古の後、夫の作ってくれる
ミニランチを3人で食べながら、茶道に付いての話は尽きず、今日も、有意義な時間を送る事が出来ました。

又、来月も宜しくお願い致します。

 

正午の茶事

CIMG4917

CIMG4919

CIMG4863

CIMG4864

CIMG4867

CIMG4877

CIMG4881

CIMG4890

CIMG4884

CIMG4902

CIMG4922

 

今日はとても楽しい1日を過ごす事が出来ました。

朝から、お天気にも恵まれ、私一人が心配した佐渡庵さん店主のご健康状況も、何とかクリアー出来、着物チャレンジ組も綺麗に着てこられて、各人の担当箇所も、皆さん、よく勉強して来られていて、素晴らしい出来上がりでした。

初めて行った、この社中での正午の茶事でしたが、本当に満点に近い出来で、普段のお稽古の集大成がお茶事である、という事を、今日の経験を通して、理解して頂けた事と思います。

今日の経験を通して、益々茶道を好きになって貰えたら、私としたら嬉しいです。

一歩ずつですが、一緒に歩んで行きましょうね。

着付け教室の一日

DSC_0850.JPG DSC_0852.JPG DSC_0851.JPG

今日のお稽古も、朝の部から、3~4部に分かれて行いました。

すごく女性らしい若嶋さんが、男性衣裳着付けの練習をされ、三恵子さんが上手に着せられましたので、
とても優しい男性に変身された姿を、記念として写真を撮りました。

皆さん、一生懸命練習して下さるので、少しずつでも腕が磨かれ、お互い楽しいですね。

これからも、頑張りましょう。

茶道稽古 1月(1回目)

DSC_0847.JPG DSC_0848.JPG DSC_0846_2.JPGDSC_0845_2.JPG

 

軸  【冬ごもり思いかけぬを木の間より花と見るまで雪ぞ降りける】 紀貫之

花  水仙 赤侘助

菓子 葩餅(福助堂)・羽子板干菓子(さざえ製)

稽古 お茶事の練習

 

昨夜から天気予報で、各地の大雪予報が言われていて、随分心配しましたが、よい方に外れて、

雪が降る事はなく、途中晴れ間が見えるほどで、新年初めてのお稽古に全員揃う事が出来ました。

干支茶碗  猿猴捉月(えんこうそくげつ)【葩餅】を頂き、お茶事のお稽古の後、皆で、お雑煮を食べ、
一年をスタートさせました。

皆さんが、羽子板干菓子や、干支のお茶碗を喜んで下さって、準備から、お稽古まで、
楽しく1日を過ごす事が出来ました。

着付けから、暫く離れている、谷畑さん、梶さんも今日は、ご自分で着物を着て来られ、来週のお茶事に向けての
準備も、ばっちり出来ましたね。

今の社中での初めてのお茶事、頑張りましょうね。

 

茶道初稽古

CIMG4833

CIMG4836

 

 

今日は、私にとっては、初稽古でした。

柳を為直し、千両と曙椿を足して、飾り直しました。

前回から、真台子を出したままだったので、大円の真のお稽古を付けて頂きました。

真の炭点前がようやく、理解できたようで、少しずつ進歩している事に、自分ながらに安心しました。