着物と茶道 日本の文化ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 着付けと茶道ブログ

文化講演会

DSC_2526.JPG DSC_2513.JPG DSC_2514.JPG

 

今日は、社中4名で、尼崎市にある都ホテルニューアルカイックで行われた、裏千家15代宗匠の講演会を聞きに
行きました。

尼崎市のロータリー主催の会だったので、茶道を志す者達の集まりで講話される雰囲気とは少し違い、
一般の方々に向けて、分かりやすく丁寧にお話しして下さいました。

4月で、95才になられる大宗匠が会場に入って来られるお姿から、足取りは軽やかで早く、姿勢もとてもよく、
二回りはお若い方の様で、オーラで満ち溢れていました。

1時間半の講演の間、ずっと立たれたままで、私も見習うつもりで、椅子の背に持たれないようにして
お話を聞きましたが、せめてこれからは、姿勢だけでもよくしようと思った次第でした。

95年間の詰った歴史を、噛み砕く様に、お話し下さり、これからの日本に対する思いも語られ、一言一言が説得力のあるお言葉でした。

茶道でよく使われる【和敬静寂】の言葉の重み。

口にするのではなく、心で、目で行いなさい。

裏千家の宗家であるだけではなく、日本人として世界にも誇れる方の様に思えました。

最近は、年を重ねていく自分の姿が気になるばかりでしたが、こんなに若々しく生きておられるお姿に
お会いする事で、少しでも見習わねば・・・と一同で、感激至極でした。

DSC_2517

帰宅後、直ぐに、日課になっている、お向かいのワンちゃんの散歩に、今日は2時間近く歩きましたが、
帰ったら、お雛さんのちらし寿司と蛤のお吸い物を作って下さっていました。

お雛さんの蒔絵のお重が素敵で、勿論、お寿司もとても美味しかったのですが、思わず、写真を撮ってしまいました。
昼食が、おにぎり1個だった為に、かなりお腹が空いていて、お寿司が止まりませんでした。

DSC_2518

 DSC_2519

DSC_2505.JPG DSC_2507.JPG DSC_2511.JPG DSC_2512.JPG

茶道稽古 2月(2回目)

DSC_2479.JPG DSC_2478.JPG DSC_2481.JPG DSC_2482.JPG

 

 

軸  【紅炉一點雪】

花  鶯神楽 赤侘助 初嵐

菓子 桃の花(福助堂製)

稽古 逆勝手薄茶・初炭 千歳盆 本勝手薄茶 本勝手後炭

 

今日は、逆勝手のお稽古を中心に行いました。

逆勝手は、小習いの中にあるとはいうものの、足取りは全く左右逆になるし、位置も変わるし、本勝手がしっかり出来なくては、
難し過ぎるお点前です。
ぼちぼち、チャレンジ出来るかな・・・と思って、計画してみましたが、難しいながら、付いてこれましたね。

頭の体操です。

次回は、濃茶で頑張りましょう。

茶道稽古 2月(1回目)

DSC_2452.JPG DSC_2454.JPG DSC_2455.JPG DSC_2451.JPG

 

軸 【暗香浮動月黄昏】

花  赤目猫柳 絞西王母 初嵐

香合 福枡

菓子 春の声(福助堂製)飴雲(鍵善)ポテト(自家製)

稽古 盆略 唐物 重ね茶碗 薄茶 絞り茶巾(筒茶碗)初炭 後炭

 

今日は、昨年末に【四科伝】許状を受けられた方3人さんの【唐物】デビューでした。

新しい事を指導する時は、こちらも構えて迎えるのですが、結構スラスラと進んでいけて、それだけ、
身体にお点前が馴染んできている様子が伺えました。

月2回のお稽古ですが、皆さん真面目にお稽古をされるので、「塵も積もれば山となる」式で、きちんと、
身について来られている事に、私も嬉しくなりました。

朝、8時から始めた、お稽古でしたが、床暖とエアコンでの暖房の上、炭が燃える茶室は、とても暖かで、
外の冷たいであろう空気の事も分からず、各人が順調にお稽古が進んで行く事と相まって、あまり疲れも感じず、
気が付くと、夕方の6時になっていました。

一歩一歩ですが、確実に進んでいる事に喜びを感じられた一日でした。

恵方巻きとさば寿司

DSC_2446_2.JPG DSC_2447_2.JPG DSC_2449.JPG

 

今日は、恵方巻と鯖ずしを、牛君とジロー君(私達の散歩友達)のお母さんが作って下さいました。

巻きずしは、8種類の具(鰻 卵焼き 干瓢 高野 かにかま 沢庵 三つ葉 椎茸)が、きちんと真ん中に鎮座する
立派な恵方巻で、お味も最高でした。
具を8種類入れるのは、末広がりを願っての事だそうです。

今年1年、いい事に包まれそうな気がしてきました。

鯖ずしも、しっかり締まっていて、本物の竹皮に包まれ、まるで職人さん顔負けのお寿司でした。

素晴らしい2種類のお寿司に、感激!!感激!!

夫手作りの豆乳茶碗蒸しと一所に頂きましたが、今夜の夕飯は、お向かいさんと全く同じ食卓だと想像しながら
頂きました。

ご馳走様でした。

神話 水蛭子

057[1]

 

今日は、【百人一首を読み解く】講和【蝉丸遍】を聞きに行きました。

 

 

謎に包まれた蝉丸についてのお話しを聞いた後、お話しが、古事記に移ったと思いきや、内容を聞いて行くうちに
思わず、「昨日西宮神社でその絵を見た!!昨日の絵がそうだったのだ。」と叫んでしまいました。
昨日見た神秘的な絵は、古事記の神話に因んだものだったのだ・・・と感激しきりでした。

th[1]th[4]日本神話で、伊弉諾(いざなぎ)伊弉冉(いざなみ)二神の間に生まれた第一の子。3歳になっても足がたたないので舟に乗せて海に流したという。

中世以後、恵比寿(えびす)信仰と結びついて尊崇された。ひるのこ

 

流された、水蛭子が西宮の浜で住民に拾われ、恵比寿神になって祀られているなんて、全く知りませんでした。

その古事記の神話に基づいた絵を昨日、見ていたという事にも驚きでした。

皆さん、西宮神社に行かれる事があったら、その神秘的な絵を探してみて下さいね。

淡交会初釜

IMG_20180129_082828.jpg DSC_2440.JPG DSC_2438.JPG DSC_2436.JPG

 

今日は、雨交じりの中、西宮神社での淡交会初茶会に行って来ました。

4人で行く予定でしたが、残念な事に、北村さんが風邪で欠席されたので、3人で楽しんで来ました。

お薄の福席⇒点心⇒濃茶の本席と回り、境内で行われていた陶器市を見て、無事にお二人を鼓滝駅まで送り届けました。

th[5]th[1]立礼での福席では、巨大な「蕗の薹」が入っていて、
又本席では可愛い「つくばね」が使われていて、お正月らしさ満載でした。

 

 

それぞれの軸と菓子は

福席 【富貴是吉祥】 干支犬(薯蕷/ときわ堂製)

本席 【春色従東至】 葩餅(神戸つるや製) とても大きく、柔らかく美味しいでした

待ち時間短縮をねらって、午後から出掛けたので、終盤には、お人が少なくなっていたお蔭で、今まで何度か足を運んでいる会館で、
始めて、神妙な大きな絵に目が留まりました。
3人で、その絵について、感想を語らいながら、陶器市の方へと足を運びました。

陶器市では、井村さんは、《忍者の狸》と出会ってしまい、連れて帰る事になりました。

中学生の振り袖着付け

DSC_2434.JPG IMG_20180202_124531.jpg

 

今朝は、初釜に行かれる13歳のお嬢様とお母様のお着付けに、美容院に行って来ました。

とても、品のある落ち着いたお嬢様で、13才には思えないほどでした。

3種類位、帯結びを考えていたのですが、結局、上品なお嬢様には、これだ・・・と思って《4枚羽根ふくら雀》を結ばせて頂きました。

午後からは、私もお茶会に行く予定でしたので、もしや同じ所では、と思ったのですが、お客様は「武者小路千家」での初釜のようでした。

今年は、お茶会に行かれる方からの依頼が、結構あり、嬉しく思いますが、我が社中は、ご自分で着られる方が多くなったので、その事も、嬉しく思います。

茶道稽古 1月(2回目)

DSC_2422.JPG DSC_2423.JPG DSC_2425.JPG DSC_2424.JPG

 

  【君火をたけよきもの見せむ雪まろげ】 芭蕉句

花  赤目猫柳 蝋梅 絞り西王母

菓子 ぼたん(福助堂製)

稽古 初炭 寒雲卓での、薄茶 濃茶 後炭

 

先週初釜も終わり、今日は、風情のある寒雲卓を使っての、基本のお稽古を致しました。

 

軸は、芭蕉が、訪ねて来た門弟の曽良に対して呼び掛けている句です。
「よく来てくれた、寒かったろうね、どんどん爐に火をくべて君はあたっていてくれ。
いいものをこしらえてお目にかけよう、雪まろげをね。」
というもてなしの心がこもった一句です。

雪まろげの様に、茶道の道を歩んでいきましょう。

初釜

CIMG5236 - コピー 平成30年(2018年)の初釜を無事に終わらせる事が出来ました。

妊娠9か月に入った朝美さんも、お休みがなかなか合わない、大壁さんも、全員で、元気に初釜を迎える事が出来ました。

思うに、茶道でも色々な事を経験してきました。

今年も又1年、少しずつ進んでいきましょうね。

軸【円相 福徳円満】 矢野一甫

花   蝋梅 赤目猫柳 加賀八朔

葩餅  菓一條製

CIMG5237 - コピー

 

 

 

 

 

 

CIMG5244

 

 

 

 

 

 

CIMG5274


CIMG5251

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5283CIMG5280CIMG5298

 

CIMG5258CIMG5301CIMG5263CIMG5262CIMG5264