着付けと茶道 日本の文化|兵庫県川西市|着付け教室・出張着付け・着物相談 みつこ着付け教室

着物と茶道 日本の文化ブログ

茶道稽古 12月(3回目)

DSC_3753軸  【無事是吉祥】

DSC_3752花   侘助 山茱萸

菓子  羊羹(鶴屋八幡製)

稽古  平花月 茶箱付き花月

 

 

 

 

今年、最後のお稽古日になりました。

今朝は、侘助が、綺麗に咲きかけていたので、茶花として使うことが出来ました。

以前にも使った山茱萸の赤い実の中で可憐な白い椿が映えています。

椿の中でも侘助は大好きです。

白に続き、赤や、胡蝶侘助が咲き始めるのが楽しみです。

 

DSC_3779先日、社中の者に頂いた、大宰府天満宮内の中島神社にある【菓子守】を身に着ける事にしました。

美味しいお菓子を求め続けている私なのですが、そんな折りにこんなお守りを頂いて、何とか、ご利益にあやかりたい、と一心に願っているわけです。

 

 

 

????????早速に珍しい、お菓子が手に入り、来年の初稽古には、社中皆で使わせて頂きたく思っております。

日本でたった一つの金平糖専門店である「緑寿庵清水」の【金平糖】です。1847年に暖簾をあげられて以来、170年近く伝統を守って来られている老舗で、私もテレビでしか見たことがなかったのですが、そんなお菓子を頂けるとは、有難い限りです。

 

????????次に、お守りを付けて出掛けていたら、思わぬ処から、クロッシェの”京あめ”が手に入りました。

京都で営々と紡がれてきた配合と技法を重ねるため、すべて京都下京区綾小路富小路の小さな工房で生まれる飴だそうです。

京都の風土気候に合わせた材料の配合と組み合わせでしか生み出すことが出来ないらしい。

又、創業130年を数えるクロッシェの”京あめ”は、すべての色に意味があるんだそうです。

色はどの世界でも、古来から人の思いや願い、そして決意を表してきた、という点から、色にもこだわって作られているのだそうです。

来年も引き続き、珍しい、貴重なお菓子との出会いがありますように!!!

 

 

 

今年最後の着付け教室

2023年の着付け教室も無事に終わろうとしています。

大きなイベントとしたら、毎年の事ですが、成人式に始まり、大学の卒業式、各学校関係の卒業式・入学式に参加される方々の着付け、成人式の前撮り撮影会、浴衣着付けのシーズンを経て、再度、成人式の前撮り撮影会、で1年が終了します。

????????着付け教室の生徒さん達の中には、お仕事に参加される方と、仕事への参加はしないけども自装や、ご家族の方々への着付けを楽しんでおられる方とありますが、今日は、お正月前という事で、自装で、二重太鼓を練習される方が多いでした。

当然皆さんミセスなのですが、略礼装での着物姿が揃うととても綺麗で、着物に、帯に見慣れているはずなのに、揃うと一段と綺麗さが増し、集合写真を撮らせて頂きました。

 

 

HORIZON_0001_BURST20231221153445431_COVER

こうして皆さんで集って、元気でお稽古が出来ることは、幸せな事です。

今日は、たまたま私は胃腸風邪を引いたようで、朝から大変だったのですが、何とか教室に出る事が出来て、こんな素敵な写真も撮れ、最後をきちんと締めくくれ、喜ばしい事でした。

4人の指導者と共に、40名近い生徒さんが通って来て下さっている教室ですので、1回々々のお稽古を大切に、来年も皆さんの上達のお手伝いをしていきたい所存です。

来年も元気で頑張りましょう!

 

 

 

茶道稽古12月(2回目)

DSC_3742軸  【山雲海月情】

DSC_3741花   絞り西王母 蝋梅

 

 

今日から、いよいよ冬に突入との天気予報、能勢からの方は、雪が大丈夫かな・・・と心配しましたが、寒いけども雪まで降る事にはならずよかったです。

 

 

 

 

HORIZON_0001_BURST20231217141059797_COVERDSC_3745

 

 

 

 

 

 

今月は、新年の初稽古に向けて七事式の稽古に集中です。

今日は、5人で、3回の稽古が出来ました。

今までだったら、中々集中力が続かず、2回が限度でしたが、進歩している証です。

5人の力を合わせて短時間で一つの花月が出来る事が目標です。

今月後1回ですが、頑張りましょう。

 

222実家がある島根県津和野町では、今朝雪が降ったようで、妹から雪景色の写真が送られてきました。

ごミサの前だったのでしょうか、後だったのでしょうか。

神父様から信者にグループLINEで送られた1枚だそうです。

見ているのにはとても綺麗です。

山茶花1輪が効いていますね。

 

 

 

 

 

 

 

祖母の三十三回忌法要

76c555abbed6c79aacb95111cf85db7a

 

今日は、祖母の三十三回忌法要を加古川にある菩提寺【真福寺】で行って頂きました。

私が嫁入りして来た時は祖母は70代半ばだったので、今の私より少し年上だったことになります。

既に、お年寄りだった、という印象があるので、考えてみると私自身も年寄りの仲間に入るのでしょうか。

そう言えば、11月に、運転免許更新の為の高齢者講習を受けてきました。

年齢並み、と言われた点や、年齢より若い、と言われた点などまちまちでしたが、世の中的には確かに高齢者に属するのです。

祖母は、2回の脳梗塞を発症しましたが、88歳まで生きました。

身体は小さいけども、姫路で長女として産まれたせいか、どっしりと落ち着いた、姉御肌のところのある人でした。

夫と結婚して、最初に祖母から頂いた物が、靴下でした。

姫路は、靴下産業が盛んでもあるからでしょうか。

その時に、「身体を冷やしたら、いけないよ。」と言われた言葉が、とても暖かで私の中で、大切にしまってある言葉の一つです。

晩年には、脳梗塞で入院している時に、言葉を発することが出来なくなってきていたのですが、お見舞いに行くと、「早く帰りなさい。」をジェスチャーでベットに寝た状態でしていました。

いつも、夕方は、女は忙しいものだ、と普段から言っていたので、お見舞いに来てもらった嬉しさをおいて、相手の事をおもんばかって、帰りなさいのジェスチャーをしていたのだな・・・と思うと、祖母の懐の大きさを感じます。

DSC_3736今日の卒塔婆には、下記の経文が書かれてありました。

大円鏡智  静かな清らかな心の人は、世界をありのままに見ることが出来る

福寿海無量 幸せをもたらす功徳の量が海のように広大である

慈眼視衆生 観音菩薩は常に生きとし生けるもの全てを慈悲の目で見て下さる

観音様は何時も優しい、思いやりの眼を持って私達生きとし生ける衆生を見て下さる。
その観音様のような心を持って生きれば海の如く無量に福が集まる

 

 

法要を営む事によって、ご先祖様を思い出し、感謝の気持ちが湧くと伴に、自分たちの老後についても考えるきっかけにもなりました。

DSC_3738帰りに立ち寄ったレストランでは、サンタクロースが、煙突を覗いていました。

ここも、以前は、老夫婦で営業されていたゆったりしたレストランでしたが、今は、注文をスマホで行う若者向けのレストランに様変わりしました。

只、さすが加古川の田舎にあるレストランなので、美味しいぬか漬け定食がある事も、売りになっています。

私達が立ち寄れる所以です。

 

 

 

 

茶道稽古12月(1回目)

DSC_3732軸   【閑座聴松風】

DSC_3731花   絞り西王母 紅葉

 

DSC_3734菓子  風花(香月製)

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ今年も後ひと月、師走に入りました。

本当に1年が過ぎるのが早い事です。

有難いのは、夏が長かった続きで、今に至っても暖かな日が続いている事です。

日本は、四季がはっきりしているとは言うものの、夏と冬では、30度位の差になるので、それぞれの季節を楽しめるのは有難いですが、対応力も必要になってきます。

温暖化現象で、秋が短くなっていることは寂しいですが、しっかり山々の紅葉も楽しみたいものです。

今日の花は、庭で色づいた紅葉を使いました。

DSC_3733又、稽古内容も新年に向けての七事式を中心に、小習いをされる方、奥伝をされる方色々のメニューでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

茶道稽古 11月(3回目)

DSC_3729軸   【紅葉舞秋風】

 

CENTER_0001_BURST20231126095641213_COVER花    山ぼうし 絞り西王母

 

DSC_3730菓子   冬木立 池田栗 上用饅頭 狐煎餅 りんご

 

 

稽古内容  大円之草 後炭 薄茶 濃茶

 

 

 

ベテランさんにとっては、今月は奥伝稽古の月で、今日は【大円之草】のお稽古を3人さんにはして頂きました。

炉では初めての人もあり、少々難しかったのでは、と思いますが、来年も稽古回数を重ねて少しずつ出来るようにしていきましょうね。

今、社中の中には、月1回しか来れない方もあるのですが、頑張ってまとめてのお稽古をして帰って行かれます。
今日も、何とか、ノルマをクリアーして、お茶が美味しかったと、満足げに帰られました。
不思議なもので、茶室で頂く、お菓子とお茶は、お家では味わえない、最高のお味のようです。
満足して帰って頂けたら、私もお菓子選びに真剣さが増してきます。

1か月に1回でも、お菓子とお茶を楽しみにお越しくださいね。

 

 

 

 

茶道稽古 11月(2回目)

HORIZON_0001_BURST20231119142057753_COVER軸  【瑞気満高堂】

DSC_3724花   さんしゅゆ 初嵐

TRIPART_0002_BURST20231119142105654菓子  山づと 織部上用 最中 狐煎餅 キーウィ

 

DSC_3725

 

 

 

 

 

稽古  初炭 薄茶 濃茶 千歳盆  大円之草

 

 

 

 

 

 

昨日、いつものコースを夕方散歩をしておりましたら、珍しいものを見つけました。

春になると、黄色の花を木いっぱいに咲かせる、さんしゅゆの実です。

何年も通っているコースなのに、真っ赤な実をみつけたのは、初めてのような・・・
秋は特に日没が早いので、いつも、薄暗くなりかけに通っている場所なのかもわかりません。

散歩をしながら、茶花は無いかな・・・と、いつも気にしているので、こうして茶花を見つけると、とても嬉しくなります。

今日の、奥伝の稽古は、炉では初めての方もあったのですが、先輩の稽古内容をしっかり見て、学習をされ、スムーズに進めることが出来ました。

また、次回も頑張りましょうね。

 

 

 

七五三着付け

HORIZON_0001_BURST20231123085553236_COVER今日は、可愛らしい7歳のお嬢さんに着付けをしてきました。

日本髪がとてもお似合いで、ヘアーセットも、着物もとても喜んで下さっている様子のお嬢さんでした。

 

 

DSC_3726一般的に、付け帯は、下がりやすいのですが、しっかり高くに付き、可愛らしく仕上がりました。

着付け中もしっかり立って下さるお嬢さんで、後で、お家の方に伺うと、お参り中もご機嫌だったとのこと。

帯締めが、大人並みの物が用意されてあり、変わり結びをしてみました。

 

30年ほど前は、七五三参りの女児のヘアースタイルは皆さん、日本髪でしたが、その後、洋髪も増え、また最近、日本髪が見直されてきているようです。

 

日本髪はこの時しか出来ない姿でもあるので、きっとご家族の思い出になる事でしょう。

反省点もある着付けではありましたが、あまりに可愛らしく仕上がったので、お母さまのご了解を頂いてアップさせて頂きました。

 

 

 

炉開き 

DSC_3719今秋は、中々冷え込むことはなく、いつまでも袷の着物が着られないくらい、温かい日が続いていますが、今日は、我庵での炉開きを無事に迎えられました。

軸  【瑞気満高堂】

HORIZON_0001_BURST20231105095952514_COVER茶壷の紐を結んで、床に飾りました。

本来は、半年間茶壷の中で寝かせたお茶を臼で引いたお茶を、本日頂くのですが、中々そこまでは出来ないので、炉開きには茶壷だけを飾ります。

 

 

 

 

CENTER_0001_BURST20231105095950478_COVER

 

庭では、寒くならなくても椿が咲いてくれたのと、錦木も色づいてきたので、床花として使えました。

朝鮮唐津の鶴首花入れに、とても映えました。

花  絞西王母 錦木

 

 

 

DSC_3720社中の人達も、ベテランになって来られているので、平手前では退屈だろうと思って、少し、個性のある、杉棚を使って、しかも貴人点のお稽古をして頂きました。

炉開きの日には、【べ】の付くものを三つ揃えるべし、という約束があるのですが、本日は、

茶入れ/黒織部
水差し/印部焼
棗/瓢(ふくべ)

と揃える事が出来ました。

 

DSC_3722又、【亥の子餅】上政製 は、シナモンの香りが効いた、美味しいものでした。
今年は栗が不作だったそうですが、それでも遠慮気味に入っていた事に、お菓子屋さんの努力を感じました。

この菓子にはいろいろな意味があり

①無病息災

②子孫繁栄

③火事予防

縁起物なので、炉開きには是非食べておきたいものです。

 

 

 

 

淡交会からの古希祝い

????????今年は、春から、古希の祝いをしていただく事が続きましたが、これで最後になるのか、茶道裏千家淡交会からもお祝いの品が届きました。

お祝いをして頂けることは、分かっておりましたが、日々の生活の中、忘れていましたので、突然届くと、喜びもひとしおです。
西陣織の風呂敷でした。

還暦の時は、飾り扇子を頂いた事を思い出しましたが、風呂敷は、活用度が高そうです。

どんな場面で使えるか想像しながら、とりあえずは仕舞いましたが、今後大切に使わせて頂きたいと思っています。