着物と茶道 日本の文化ブログ

小学生の袴姿

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

小学校卒業おめでとうございます。

昨年から、小学生の袴着付けのご依頼を頂くようになりましたが、今年は、私自身も着付けをさせて頂きました。

お母様のお着物に、お祖母様の袴、とてもよく似合っておられて、まるで、3代を代表して、ご家族皆さんに守られて卒業式に向かわれるようでした。

サイズもぴったしで、6年生でも袴や、着物を着られる事が充分に出来るんだな・・・と実感しました。

又、こうして、お着物を代々受け継いでいかれる形は、着物と共に生きてきた私にとってはとても嬉しいことです。

お嬢さんにとっては、今はまだ理解出来なくても、将来大人になった時に思い出して、意義のある事だったと、思って貰える時がきっとあるだろう、と思います。

着付け終了後、ご家族全員が携帯を手に撮影が始まって、特にお父様の嬉しそうなお姿が印象的でした。

とても可愛らしいお嬢さんで、このまま素直に成長していってほしいな・・・と思いながら、お家を出ました。