着物と茶道 日本の文化ブログ

北野天満宮でのお茶会

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Livedoor Clip
Bookmark this on Yahoo Bookmark
LINEで送る

今日は、荒木先生のお誘いで、北野天満宮でのお茶会に、行って来ました。

明月舎では北野先生のお釜が掛けられており、遊び心満載のお席でした。

まず水指が信楽焼きの【たぬき】です。

床の軸は、瓢箪の絵に、【飲めど 飲めども・・・】の言葉

男性の先生の釜掛けとは、こういうものなのか、と楽しい時間が過ごせました。

又、松向軒のお席では、大樋焼のお茶碗で頂く事が出来、お茶の味より、手にしたお茶碗の手の中にすっぽり収まった感触が、何とも心地よく、そんなお茶碗で頂く事が出来ラッキーでした。

帰りに、前川さんお勧めの、菓匠【老松】に行きお土産を買って帰りました。

老舗らしく、干菓子型が飾ってありました。

また、機会があったらお茶会に行きましょう。