着付けと茶道 日本の文化|兵庫県川西市|着付け教室・出張着付け・着物相談 みつこ着付け教室

着物と茶道 日本の文化ブログ

奥伝稽古

DSC_2253.JPG DSC_2261.JPG DSC_2259.JPG DSC_2257.JPG

 

 

昨日に引き続き、今日も茶道稽古でした。

荒木先生に来て頂き、【真の行】 【大円真】と難しい点前を続けて見て頂きました。

最高の格のお点前なので、お台も【尼崎台】を使いました。

何度も何度も繰り返し見て頂き、ようやく、分かり掛けてきた点前です。

お家元稽古に行かない限り、一般で出来る点前は、ここまでですが、それでも、細かな所作には、
その時々で疑問点が出てきます。
その度に、先生に確認したり、上の先生に聞いて頂いたりして、何とか、まとまってきた気がします。

このお点前を、うちの社中に受伝出来る日は、いつになるでしょう。
そう遠くない日に、その日がくる事を願っていますが、その日まで、私も益々精進したいと思います。

茶道稽古 9月(2回目)

DSC_2254.JPG DSC_2252.JPG DSC_2251.JPG IMG_20170920_135912.jpg

 

 

軸  【帰去来】

花   桔梗 段菊 アメジストセージ 芒 金水引 白水引 赤水引 秋明菊

菓子  菊 桔梗 (福助堂)

稽古  且座 長板薄茶(四滴茶入れ) 長板濃茶(大津袋) 後炭 茶箱(雪)

 

台風も被害無く、通り過ぎてくれたので、今日のお稽古予定の方は、全員揃って、
七事式の且座を行う事が出来ました。

且座のお稽古を始めて3回目になるので、準備も全員で出来、一座に要する時間も少しずつですが、
短縮されてきました。
難しい且座がスラスラ出来る様になるには、まだお稽古が必要ですが、少しずつでも、
皆さんが慣れてきて下さっているので嬉しいです。
花を入れ、炭を次ぎ、お香を聞き、いよいよお茶を服する、一連の流れをスムーズに席中全員で行う七事式は
経験を必要とします。
引き続き、お稽古していきましょうね。

ままごとの様な、お道具、四滴茶入れも秋に相応しい、瀬戸焼をだしてみました。(黄瀬戸 志野 織部 古瀬戸)

又、今日は、極力、お休みしないよう、二人の方が、2回分のお稽古をこなして帰られました。
続けて、しようと思うと、集中力を持続させる事が大変だと思いますが、皆さん、頑張って下さるので、
私も張り合いがあります。

色々な内容のお稽古をする為には、前日の準備にも時間が掛かるのですが、社中の方々も、
楽しんでついてきて下さるので、私も厭いません。

一年、早いもので、初釜の話題も出た中、お稽古を終わりました。

茶道稽古 9月(1回目)

DSC_2246.JPG DSC_2245.JPG DSC_2248.JPG DSC_2247.JPG

 

軸   【松韻通萬古】

花    木槿 (真)

菓子   秋の実り(錦玉)上政製

稽古   大円草 長板二つ置き(大津袋・薄茶・後炭) 盆香合 流し点  茶箱雪

 

涼しくなりました!!!

一機に、エアコン不要でお稽古が出来ました。

今日は奥伝から始め、JR瑞風乗務の為、中々お休みが合わなくて、欠席される事の多い大壁さんが、
頑張って2日分、お稽古して帰られました。

難しい奥伝をされている方も、少しずつですが、進んでいけてるし、入会後丁度1年が経過した大壁さんも、
以前だったら、普通にお稽古をしても、疲れたご様子だったのが、今日は、スッキリとした面持ちで、
2日分のお稽古が出来ている。

本当に、「継続は力なり」 だな・・・と思った日でした。

このところ、どなたかが、着物を着て来られますが、今日は、梶さんが和服でのお稽古でした。

皆さん、これから涼しくなるので、時間に余裕があったら着物で来て下さいね。

茶道稽古 【真の行】

DSC_2161.JPG DSC_2159.JPG DSC_2164.JPG DSC_2163.JPG

 

軸   【竹 葉々起清風】

花    金水引 姫葵 風船葛

 

今日は、荒木先生に来て頂いて、【真炭手前】【真の行】のお稽古を見て頂きました。

本当に有難い事に、私一人の為に、吹田から来て頂いております。

私自身も、自分の為だけに、全てのお道具を準備して、予習もして、お稽古の日を迎えます。

一昨日に準備を整える事が出来たので、あとは自習をして、と思っていたところに、散歩途中に、転んでしまい膝を
強打してしまったので、痛く正座が出来ず、予習が充分に出来ませんでした。

折角、遠くから来て頂くのだから、私もその心積もりできちんと準備をしなければ・・・と常々思っているからか、
今朝は早くに目が覚めたので、少し予習をする事が出来ました。

あれ程痛かった膝も、帰宅してすぐに冷やした成果があったのか、怪我も大事に至らず、今日は、何とか座布団を
使えば正座も出来、無事にお稽古を終わらせる事が出来ました。

感謝!感謝!です

今回は、台風5号の心配と、膝の怪我で出来るかどうか、少し心配しましたが、いつもの如く、昼食も一緒にして、
お茶談義を楽しみました。

又来月もよろしくお願い致します。

茶道稽古 7月(3回目)

DSC_2153.JPG DSC_2152.JPG DSC_2155.JPG DSC_2156.JPG

軸   【滝 直下三千丈】

花    宗旦木槿 蝶豆 白水引草

菓子   笹餅(福助堂製)

稽古   盆香合 名水点 葉蓋 洗い茶巾

梅雨がいつまで続くのだろう、と思えるくらい、蒸し暑い中でのお稽古でした。

トワイライトエクスプレス瑞風に乗務されている、大壁さんが、お仕事になり、お休みされたので、今日は、
お二人だけのお稽古でしたが、前回と同じく、涼やかさを感じられる設えと、ゆっくりとしたお稽古が出来ました。

ようやく、咲き始めた、蝶豆が宗旦木槿の白に涼やかさを引き立ててくれたり、笹餅も夏のお菓子として、あっさりとしたお味で、とても美味しかったです。

袴予約会 大阪大学

DSC_2148

 

本日より、卒業式の為の、袴予約会が始まりました。

大阪大学箕面キャンパスを皮切りに、今週末は、豊中キャンパスでも行われます。

今年度は、鈴乃屋は新作着物も提案しております。

今までの鈴乃屋衣裳と少し違って、一見派手さも見えますが、お嬢さん達に試着して頂くと、不思議なくらい、
とても可愛いのです。

全国で受注を受け付けている当社のお着物は、数に制限があるので、阪大生の皆さん、早目の予約を
お待ちしています。

28日&29日大阪大学豊中キャンパスで行っております。

Marionetto マンドリンオーケストラ

0b009c_1dfc72ede7564ba888afc77c56d669ab[1]

 

DSC_2142

 

DSC_2147
1階トリミング-e1491909435534[1]

 

昨年に引き続き、今年も、友人のご主人が所属する、Marinettoマンドリンオーケストラのコンサートに招待され、
夫婦で出掛けて来ました。

今年は新しく建築された 豊中市立文化芸術センター大ホールで行われたのですが、自然の木を生かした建て方が、
南蛮文化にマッチしていて、演奏が始まる前から、ワクワク感で高揚しておりました。
1300席以上ある客席が、開場とともに、あっという間に満席になり、南蛮文化に興味を持っておられる方が
こんなにもいらっしゃるのか・・・と少し驚きました。
主催者の吉田剛士さんのお話によると、世界の中でも日本のマンドリン人口は、一番多い、という事で、
最近は、芸能人の芦田愛菜さんも、始められた事が話題になっているそうです。

友人のご主人は、学生時代からの趣味を生かして活動されているのですが、少し頑張らねばならない趣味がある事は、
リタイア後の我々世代にとっては、とても意味深い事です。

和が中心の私のHPの中では異色のページになりますが、グローバル的に考えると、同じ様に、
それぞれの文化を発信し続けている。
そう考えてみると、通じるものがあるのでは、と気が付きました。

何事も「継続は力なり」です。

マンドリンの音は、私にとっては、普段あまり耳にしない音なので、とても新鮮であり、
哀愁を感じる音に引き込まれる、不思議な感覚です。

今年は、ポルトガルギターの演奏が無かったのが、少し残念でしたが、又、来年誘って下さる事を期待して、
2時間の演奏を楽しませて頂きました。

夏休み

DSC_2141.JPG

 

数日前から、気になっていたのですが、庭に、藤の花が咲きました。

今春は、かなりの藤花が咲き、楽しませて貰ったのですが、暑い夏に2本ほどですが、花芽を付け、咲いていました。

やはり、藤花では、別段涼しさを感じるものではないですが、暑さにもめげず、咲きだしたのだから大したものです。

太陽をサンサンと浴びながら、そのまま庭に置いておくほうがいいのか、とも思ったのですが、夏の太陽には、きっと参ってしまうだろうと思い、切り花にしました。
どちらが、正解であったか、数日、観察する事にします。

今日は、木曜日で、通常なら、着付け教室の曜日ですが、1か月の夏休みに入りました。
年々、厳しさが増す夏なので、教室の皆さん、身体に気を付けて、夏を乗り切って下さいね。

茶道稽古 7月(2回目)

DSC_2131.JPG DSC_2130.JPG DSC_2135.JPG DSC_2139.JPG
DSC_2137.JPG DSC_2136.JPG

 

 

軸  【秋風淅淅秋水冷冷】

花   祇園守り 三時草 縞芒

菓子  朝顔(福助堂)

稽古  大円草 名水点 洗い茶巾・葉蓋 初炭

 

今日もまだ、梅雨は明けていない、蒸し暑い一日でした。

奥伝のよし子さんのお稽古から始まって、夏の代表的なお点前、葉蓋・洗い茶巾、名水点と、進めていきました。

そんな中、裕子さんが、浴衣を着て来られました。
みつこ着付け教室で、一生懸命お稽古に励まれた成果がきっちり出ていて、可愛く留批が背中にあり、お似合いの浴衣姿は、とても素敵でした。
今日のお稽古は、参加者が少なく、彼女が最後だったので、少しプライベートな話も出来、海外旅行が大好きな彼女の日本文化のグローバル化・・・なんて難しい話にも発展していきました。

お部屋の中で咲いてくれるかな、と心配していた、三時位に咲く事から、「三時草」と名付けられた花が、四時に咲いてくれて、シャッターチャンスを貰えました。
六時にはもう、しぼんでしまい、2時間だけの楽しみでしたが、とても可愛い花です。

 

茶道稽古 7月(1回目)

DSC_2126.JPG DSC_2125.JPG DSC_2124.JPG DSC_2127.JPG

 

 

軸  【千里同風】

花  木槿 シラサギカヤツリグサ 小葉のランタナ

菓子 びわ(福助堂製)

稽古 平花月 且座之式 名水点

今日は、全員が初めての【且座之式】のお稽古を致しました。

全員が初めての中、どの様に指導したものか・・・と悩んだ末に、ようやく前日にマニュアルを作り、
お稽古に入る前に、皆で読み合わせをして実践に臨みました。

お香を聞くという体験をして貰い、聞香が含まれる且座の式を何とか行う事が出来ました。
お花も約札を当てた、幸恵さんが入れたものですが、すっきりと入りました。
平花月で復習をしてからだったもので、二回は出来ませんでしたが、来月は、頑張りましょうね。