着物と茶道 日本の文化ブログ

カテゴリー別アーカイブ: 着付けと茶道ブログ

可愛いお客様

DSC_2035_2.JPG DSC_2033_2.JPG DSC_2036_2.JPG

 

 

今日は、可愛いお客様が訪問して下さいました。

生後半年余りの叶君です。

10年から20年前に掛けて、着付けと茶道のお稽古に来られていた、川東さんと松原さんが遊びに来て
下さったのです。
今は、お二人共、しっかりお母さんをしていて、それぞれに子育てに忙しそうですが、お茶で
おもてなしをしたり、彼女達にも久しぶりにお点前をして貰ったりしたら、「又再開したいなあ・・・」との声。
本当にそうなんだろうな・・・と思います。

「子供にも、茶道を習わせたいわ。」と点前座に座らせて、撮影タイム。
さすがに、お二人の連携プレーはバッチリで、プロのカメラマンのようでした。
お二人の手慣れた連携プレーの成果もあってか、小さな彼は、5時間余りの滞在時間の間殆ど泣く事も、寝る事もなく、いい子に育っています。

初めての寿司ご飯を食べたり、生菓子を食べたりして、体験をさせて貰っていました。
夫も、「僕に抱かれても泣かないくらいだから、すごい!」と感心しきり。

10年振りの楽しい再開の中に、その当時の仲間が、既に亡くなられていた、ということも話題になり、
思わず、沈黙の時間も。
彼女の事も3人で一緒に思い出しながら、色々と懐かしい話に花が咲いた一日でした。

 

茶道稽古 5月(1回目)

IMG_20170515_115405.jpg IMG_20170515_115426.jpg IMG_20170515_115544.jpg
IMG_20170515_115235.jpg

 

 

軸  【花びらの垂れて静かやはな菖蒲】 高浜虚子

花   姫しゃが 小葉のランタナ 矢筈芒

菓子  菖蒲(福助堂製) 干菓子(奈良樫舎のおちょぼ)

稽古  更好棚での初炭・後炭 薄茶 濃茶 和敬点

 

風炉の時期になりました。

火を入れる風炉の灰形が出来たら、火床に水の卦を書いて、仕上げます。
遠山灰(二つ山)灰形は、夫に作って貰いましたので、仕上げだけを自分でしました。
毎年、この時期になって思う事ですが、灰形を作るのは難しいです。
ついつい、夫に頼ってしまいます。

先日の研究会でも、舞台上で、流れるような綺麗なお点前をされる姿を見せて頂き、美しいな・・・
という感想と共に、基本が大切、という事を痛感し、今日は、基本を重視したお稽古をして頂きました。

美味しいお菓子、美味しいお茶を頂いて貰う事は、当然の事ながら、美しい姿で振舞う事も心掛けたいものです。

風炉の時期、花も色々咲いてきます。
お花も愛でていきましょう。

母の日 プレゼント

IMG_20170515_090416.jpg DSC_1869.JPG DSC_1741.JPG

 

今日は、初体験をしました。

いつも一緒にお散歩をしている、お向かいの2匹のワンちゃんから「母の日のプレゼント」を貰いました。

夕方いつも通り、1時間半コースの散歩から帰って来たら、お向かいの奥さんが「牛丸とジローからです。
二番目のお母さんだから。」と言って渡して下さいました。

思いもかけない言葉に、とても嬉しくなりました。

我が家は猫派ではあるものの、特に夫は、どんな動物でも大好きで、お向かいのワンちゃんもとても
可愛いがっています。
私達夫婦にとっても、老化防止の為の運動にもなるし、楽しく散歩をして夫婦共通の話題も出来るしで、
買って出ているのですが、毎日一緒に歩いていると、我が家の猫と変わらず、愛情が沸いてきます。
そんな中で、犬達にも「二番目のお母さん」と認めて貰えているのか・・・と気が付いた日でした。

このワンちゃん達のお蔭で、私も筋肉モリモリになってきました。

和装季美 新緑キャンペーン

IMG_20170508_190342

乙女峠まつり

DSC_1929.JPG DSC_1946.JPG DSC_1945.JPG DSC_1949.JPG
IMG_20170503_110940.jpg IMG_20170503_115552.jpg IMG_20170507_140238.jpg IMG_20170507_140938.jpg

 

今日は、我が故郷、島根県津和野町に伝わる【乙女峠まつり】をご紹介致しましょう。

五月晴れの、気持ちのいい朝を迎え、駐車場確保の為に行列よりも1時間早く乙女峠への山道を登って行くと、
沢山のカメラマンが足場の悪い中、行列はまだかまだかと、待ち構えている状況に私としたら、驚いてしまいました。
野外ミサで、静かに祈りを捧げる為のおまつりが、観光化してきているのです。

現在、乙女峠と言われる小高い山で、かつて、キリスト教迫害の為の悲しい出来事があったのです。
明治政府からの指導に基づき、長崎大浦地区のキリスト教信者達が津和野の地にも送り込まれ、棄教しない彼らを、
4年間もの間、拷問によって迫害を加え続けたのです。
西洋諸国からの声により、政府が考えを改めた事で、生き残った信者達は、長崎に帰郷出来たのですが、子供を含め、
32人もの犠牲者が出てしまい、その殉教者を偲ぶ為の、信者達にとっては、信仰に基づくおまつりなのです。

実家の宗教がカトリックという事もあって、子供の頃から、毎年このお祭りには参加をしていたのですが、
今年は、家族の中でも信仰心の厚い父が高齢で山を登っての行列参加や、地元の信者としてのお手伝いが
出来なくなった、という事から、参加希望の姉の付き添いを、妹から依頼され、その責任を背負っての参加でした。
特に、あれだけ、熱心な信者である父が、今年は無理、と心に決めた思いが私にも痛いほど感じ取られ、
写真に納め、アルバムにしてあげよう、という思いから、初めて、色々な場面を沢山カメラに納めました。

鎖国をしていた江戸時よりも、もっと過酷な棄教の為の迫害が明治の初めに起こった、という歴史についても、
今年は、改めて考えてみる機会になりました。

その当時の故郷、津和野の人々の残酷な事に加担せざるを得なかった思いや、赴任して来られた、
フランス人、ドイツ人の歴代神父様の、過去を許し、史実を語り継ぎ、日本中に、世界中に、
乙女峠を知らしめた功績に、この年になって考えさせられました。

今年で、66回目になるこのおまつりの為に、日本中から、小さな町津和野に、沢山の神父様を始め、信者さんが集まられたのですが、外国人の方も多く、今日だけは、田舎町も都会並みに外国語が飛び交っていました。

茶道稽古 4月(2回目)

DSC_1924.JPG DSC_1923.JPG DSC_1928.JPG DSC_1926.JPG

 

軸  【おほかたに 春のきぬればはる霞 四方の山辺に たちみちにけり】 源実朝

花  都忘れ 春蘭 花蘇芳

菓子 藤の花(福助堂製)

稽古 向切での初炭 薄茶 濃茶 和敬点 唐物

 

今日は、一気に夏日の様な気温になりました。

先週に引き続き、向切でのお稽古を中心に、梶さん、谷畑さんにとっては、2回目の四科伝【唐物】のお稽古でした。
一生懸命、四科伝に取り組まれる姿は、新鮮で、お二人だと、きっと直ぐに四科伝もクリアー出来る事でしょう。
お一人で、一歩先に歩いていた清水さんとも、直ぐに合流出来そうで、楽しみです。

雨蛙

DSC_1917.JPG DSC_1921.JPG DSC_1920.JPG DSC_1919.JPG

 

 

ツワブキの大きな葉っぱの上に、アマガエルを見つけました。

鳴き声が無いので雌なのでしょうけども、こちらを睨みつけている様に鋭い目つきに、こちらが引いて
しまいそうでした。
カメラを取りに部屋に入っている間も、動かず、カメラを近づけても逃げずでしたので、ゆっくり撮影できました。
きっと雨が降る事を待っているのでしょう。

庭のボタンも今年も立派に咲きました。

藤の花も優雅に、綺麗です。

毎年、葉っぱを虫さんに全部食べられ、花を咲かせる事の出来なかったツツジが昨年、消毒を3回も
して貰った事によって、初めて花を咲かせてくれました。
ピンクの花は一昨年も咲いたのですが、もう1本の根から出ている枝からは、真っ白の花が咲き始め、
ピンクとばかり、勝手に決めていたので、白の花を見た時には驚きでした。
来年からも、虫さんに葉っぱを食べられる事を何とか阻止して、春の花を見たいものです。

庭の花

DSC_1909.JPG DSC_1910.JPG DSC_1911.JPG DSC_1913.JPG

 

今日は、朝から一日雨のようです。

先日来から咲き始めた 藤が満開 です。特に今日は、雨に打たれて、綺麗に見えます。
昨年は、5個だけ花房が付いたので、喜んでいたら、今春は沢山の蕾が見られます。
どれだけ、咲くのだろうと楽しみにしていたら、4年目にして見事に咲いてくれました。
山の自生であれだけ大きくなる木なので、どんどん成長するのでしょう。
夫手作りのアーチの上を、しっかり覆って欲しいものです。

シャクナゲ(プレジデント) も、今年は5個房を付けてくれて、今が一番綺麗に咲いています。

花蘇芳 も満開で、濃いピンク色の花が庭を賑わせてくれています。

今年も、楚々とした 花筏 が、1ミリもないくらいの白い花を咲かせ、丁度雨に打たれ、輝いています。

昼間に 蛍の姿 を見かけたので、夜に庭で会えるといいのですが。

茶道稽古 4月(1回目)

DSC_1903.JPG DSC_1902.JPG DSC_1906.JPG DSC_1905.JPG

 

軸   【軽燕受風斜】

花    白山吹 鯛釣り草

菓子   アヤメ ツツジ (福助堂製)

稽古   向切りでの 初炭・後炭 薄茶 濃茶 盆略

 

今日は、向切りでのお稽古をしてみました。

炉の切り方にも、4種類あるうちの一つですが、4畳半切りだけでは無い、という事を学んで頂く為に、2畳の小間を作ってのお稽古でした。

西宮神社での献茶式の時にも入っていた、鯛釣り草が我が家でも咲いていたので、床に入れ、不参加だった方にも見て貰えました。
とても愛らしい花です。

茶道の方も、計画していた行事が次々終わり掛けていますが、これからは暫く、前に進んでいきましょう。

 

西宮神社 献茶式

DSC_1895_2.JPG DSC_1900_2.JPG DSC_1901_2.JPG
DSC_1884_2.JPG DSC_1888_2.JPG

 

今日は、30年振りに、西宮神社での献茶式に、社中6人で出掛けて来ました。

先代であられる、15代鵬雲斎大宗匠のお献茶で、ちょうど今日がお誕生日で、94才になられたそうですが、
歩かれるお姿は、凛として、とても清々しいご様子でした。

式典の後、早くに点心をいただいたものの、お茶席にはなかなか入れず、二席共かなり待ち時間がありましたが、
お稽古の時にはなかなか時間が取れない、プライベートなお話も出来、それはそれで、よかったな、
という思いでした。

色々立派なお道具を見せて頂きましたが、何より今日は、大宗匠に、間近でお会い出来た事が一番の収穫でした。

今年も、一段ずつ進んで行きましょう。